「新型コロナウィルス(新型肺炎)」と「花粉症」の症状は似てる?区別をするための判別ポイント!

新型コロナウィルスの感染者が日本でも急増していますが、これだけ感染が広がってくると自分も感染したかも?と不安になることも多いと思います。

新型コロナウィルスの場合は無症状の場合もあるようですが、基本的には発熱や咳などから始まり、酷い場合は呼吸困難など重症化するケースが多いようです。

冬から春にかけては、普通の風邪やインフルエンザ、また花粉症なども同時に発症しやすいため、新型コロナウィルスの初期症状と区別がつかない方も多いと思いはずです。

どうすれば、新型コロナウィルスによる新型肺炎と花粉症の症状を区別できるのでしょうか?

 

「新型コロナウィルス(新型肺炎)」と「花粉症」の症状は似ている?

まず、それぞれの症状を簡単に見ていきましょう。

新型コロナウィルス(新型肺炎)の症状

微熱、倦怠感、咳など風邪に似た症状からスタートします。

そこから発熱(目安は37.5度)が4日以上継続したり、息苦しさや呼吸困難を強く感じるようになる場合があります。

花粉症の症状

目のかゆみ、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、咳などです。

鼻づまりによって、口が渇いたり、においや味がわかりづらくなったり、不眠症になったりすることもあります。

 

「新型コロナウィルス(新型肺炎)」と「花粉症」を区別するための判別ポイント

この2つの違いを区別するためには、まず花粉症の特徴を知る必要があります。

花粉症はスギやヒノキなどの木々による影響ですので、天候によって大きく左右されます。

晴れている日は大量に花粉が飛びやすくなるため花粉症の症状はひどくなります。

一方、雨の日は花粉があまり飛ばないため症状は軽くなります。

天候によって自分の花粉症の症状が変化するようであればその症状は花粉症の可能性が高いということです!

逆に天候が変化しても症状に変化がまったくなければ新型コロナウィルスによる感染の可能性もあります。
(もちろん、ただの風邪、インフルエンザなどの可能性もあります)

パパ
花粉症に毎年悩まされている方であればご自身の花粉症の症状が何となく感覚的にわかると思いますので、いつもと違うなと思ったら体温などを定期的に測り様子を見ましょう!
ママ
政府は、新型コロナウィルスに感染したと不安に感じても初期症状の場合はすぐに病院へ行かないようにと発表していますので、症状が強くなったら病院に行くようにしましょう!

 

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないです。

CTR IMG