【新型コロナ】アパホテルが1泊2500円のキャンペーンを開始。すべてのホテルが対象か?

(出典:アパホテル公式サイト

アパホテルは「新型コロナウィルスに負けるなキャンペーン」を5月10日から6月30日までの期間限定で開始しました。

アパホテルの創業日は5月10日であり、今年で50周年を迎えます。

その50周年を記念する意味でも5月10日から本キャンペーンが開始されています。

「新型コロナウィルスに負けるなキャンペーン」とは?

アパホテルの公式サイトやアプリから直接宿泊予約(アパ直)することで全国のアパホテルに特別料金で宿泊できるという企画です。

1泊の素泊まり料金は2500円(税・サービス料込)と破格の安さです!

「新型コロナウィルスに負けるなキャンペーン」の利用方法

5月12日現在、キャンペーン自体は公式サイトの「トップページ」や「アパ直クーポン」の項目に掲載されているわけではないため、一瞬「あれ?キャンペーンはまだやってないのかな?」と思う方も多いかもしれません。

本キャンペーンは、宿泊したいホテルを選択し、予約画面でキャンペーンを選択することで利用可能になります!

パパ
最初に無料会員登録をしておくとスムーズに進むと思います!
下記は、実際にホテルを選んで宿泊プランを選択する画面です↓
一番上の項目を選択すると「新型コロナウィルスに負けるなキャンペーン」が適用されます。

全国すべてのアパホテルが1泊2500円になるのか?

基本的にはすべてのホテルが今回のキャンペーンの対象となり1泊2500円になるはずです。

しかし、実際に各地のホテルを宿泊予約してみようと試していると1泊2500円のキャンペーンが適用できない場合がありました。

下記は「東京駅周辺」のホテルを検索したときの画像ですが、NO.267のアパホテル(秋葉原駅電気街口)は1泊4700円が最安でした。

一方、NO.277のアパホテル(日本橋馬喰町駅北)は1泊2500円が最安となりキャンペーンが適用可能になっていることがわかります。

予約画面に進むと、NO.267のアパホテル(秋葉原駅電気街口)についてもキャンペーンが適用できるのでは?と思いましたが、実際に「予約へ進む」をクリックすると下記の通りになりました。

「新型コロナウィルスに負けるなキャンペーン」が選択できない設定になっていることがわかります↓

なぜ1泊2500円で宿泊できるホテルとそうでないホテルに分かれているのかは現状判断がつきません。

理由を考えるとするなら下記のような理由が想定できます。

①ホテルごとの方針

②空室率や予約者数の状況を見てキャンペーンを有効にするか随時設定している

③首都圏など人口が多いエリアや通勤者が多いエリアに絞ってキャンペーンを実施している

パパ
実際に各地のホテルを見てみると、東京や大阪においてはオフィス街に該当するようなホテルが2500円で宿泊できる傾向が強いように見受けられました!

まとめ

新型コロナウィルスの影響でホテル宿泊者も急激に減少して経営が厳しい状況になっています。

アパホテルに関しては、新型コロナウィルスの無症状者や軽症者のためのホテルを提供したり、今回のようなキャンペーンを実施しており、厳しい状況下でもどうにか乗り切ろうと工夫や努力が見受けられます。

在宅勤務が多くなってきていますが、1泊あたりの宿泊料金が安いため、どうしても通勤しないといけない人はホテルに宿泊して移動を減らすという取り組みもやりやすくなります。

1泊2500円というのは、近年のホテル業界の宿泊料金としては破格の値段なので、遠くに外出しなければならない事情がある方は一度利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないです。

CTR IMG