【新型コロナ】実際の感染者数は公表値の2倍?オーストリア政府が無作為に選んだ1500人で検証!

Flag of Austria on cloudy sky

オーストリア政府が新型コロナウィルスに実際に感染している人数を把握するための検証として、約1500人を国民から無作為に選びウィルス検査を実施しました。

その結果、1500人のうち約0.3%にあたる人が新型コロナウィルスの陽性反応が確認されました。

検査の対象年齢は?

検査の対象年齢は0歳~94歳までの幅広い年齢層に設定しています。

新型コロナウィルスの感染が始まった当初は高齢者の方が若年層よりも感染しやすいという情報が流れていましたが、最近のデータを見るとどの年齢でも感染することがわかってきています。

実際の感染者数は公表値の2倍?

オーストリア政府は今回の結果を受けて、実際に確認されている感染者数よりも2倍程度多く感染者が潜伏していることを推定しています。

オーストリアの人口は約890万人ですが、そのうち1万2200人が感染者として確認されていますが、実際にはその2倍の2万5000人ほどの感染者がいると予測できます。

今回の事例はオーストリアに限った場合ですが、すでに感染が拡大しているイタリアやスペイン、アメリカなどの感染者数を考えると公表値の2倍以上の感染者が潜伏している可能性は大いにあるでしょう。

各国それぞれの方針があり、敢えて検査数を少なくしている日本のような国もあれば、中国のように意図的に感染者数を少なく公表するような国もあります。

また、どの国においても国民全体に検査をできる環境が整っているわけではないと思いますので、今回のオーストリア政府のような検証は統計学の観点からも非常に有益な情報ではないでしょうか?

まとめ

新型コロナウィルスの感染拡大がピークを迎えこれから低減していく様子にもなってきていますが、未だに終息する気配はなく日々感染者数や死者数が増加しています。

日本国内においても緊急事態宣言が出されて人との接触が減ってきてはいますが、政府が求める8割削減にはまだ届いていないと思います。

緊急事態宣言後の2週間後が一つの目安となりますが、そのときにどれだけ感染者数や死者数が減っているかによって今の外出自粛体制がいつまで続くのかがある程度予測できるのではないでしょうか?

今は多くの人が厳しい状況に陥っていますが、自分自身ができることを考えてできるだけ前向きに頑張っていきましょう!

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないです。

CTR IMG