【新型コロナウィルス】アメリカの感染者数が中国を超えた?イタリアを超え世界最多の感染者数になるのは時間の問題か!

新型コロナウィルスの感染拡大が世界中で止まりません。

現在はヨーロッパが新型コロナウィルスの感染拡大の中心地となっていますが、実はアメリカの感染者数もヨーロッパ以上に急増しています。

アメリカの新型コロナウィルスの感染者数

アメリカCDC(疾病対策センター)が3月27日に発表したデータによるとアメリカ国内では感染者数が8万5356人となり、中国を上回ってしまいました。

また、ヨーロッパで最も感染拡大が激しいイタリアが3月27日時点で8万6498人ですので、イタリアを抜いてアメリカが世界で最も感染者数の多い国になってしまうのも時間の問題でしょう。

パパ
感染者数の統計は発表するタイミングや機関によって多少のズレがあります。下記の外務省のデータだと27日時点の感染者数はまだ少し少なめに報告されています。
出典:外務省HP

アメリカの感染者数の増加スピードはどれくらい?

アメリカではニューヨーク州が新型コロナウィルスの感染者が最も多く確認されていますが、ニューヨーク州だけで1日で感染者が7377人増加し、死者も134人増加しています。

ニューヨーク州以外のアメリカ全土で考えると、1日で約1万7000人もの感染者が増えています。

もうしばらく時間が経つとさらにこの拡大スピードが上がってしまう可能性は十分にあります。

パパ
どこかで抑制しない限り相乗的に感染が広がっていくのが今回の新型コロナウィルスですので、アメリカでは厳戒態勢が必要になるでしょう。

アメリカの新型コロナウィルスへの対策は?

トランプ大統領が国レベルで緊急非常事態宣言を出し、様々な経済対策等も実施していますが、感染が深刻なニューヨーク州でも車の通行を禁止したり歩行者同士が1.8メートル離れて歩ける仕組みなどを導入しています。

ニューヨーク州では病院に入院する人が多くなり、ベッドや人工呼吸器が不足する可能性が高いとのことで急いで対応にあたっているようです。

 

まとめ

アメリカは移民が多い国で人口も3億人以上いるため、一度感染が広がり始めると抑制するのは困難なのは確かです。

さらに保険に加入できていない市民なども多数いることで、感染の疑いがあっても病院に行かずに周りにどんどん移してしまっている場合が多いとも考えられます。

アメリカは日本よりは対策における政治的決定が早い印象がありますがそれでもこれだけの感染者数の急増に繋がっていますので、日本も同じようにならないように政府の意思決定スピードを上げてしっかりとした対策を講じてほしいですね。

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ない思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG