【新型コロナウィルス】イタリアの感染者数が9,000人を超える。死者数は463人になり全土で行動制限に!

Coronavirus 2019-nCoV, COVID-19 in Italy. Grand Canal and Basilica Santa Maria della Salute at sunset, Venice, Italy

イタリアで新型コロナウィルスの拡大が止まりません。

当サイトでもイタリアの感染者数や死者数について何度か記事でお伝えしてきましたが、感染者数と死者数の急増が他国と比べてもものすごい勢いになってしまっています。

パパ

時系列を追いたい方は下記のイタリアの新型コロナウィルスに関する関連記事をご覧ください↓

3月7日投稿記事
【新型コロナウィルス】イタリアと韓国が遂に「渡航危険レベル3」に引き上げ!

3月9日投稿記事
【新型コロナウィルス】イタリアの感染者数と死者数が急増!フランスやドイツでも約1000人の感染者か?

イタリア全土で国民の移動が制限!

この深刻な状況を受け、イタリア政府は3月10日以降、北部地域に限定していた国民の移動を制限する措置を国内全土に広げると発表しました。

4月3日までの間、仕事や健康上の理由など、緊急の場合を除いて外出することを控えて自宅で過ごすことが国民に求められています。

また、日本と同様に人が多く集まるイベントなどを禁止することになっています。

WHO(世界保健機関)は「パンデミック」と会見

WHOは今回の新型コロナウィルスの拡大を受け、「パンデミック」の脅威が現実的なものになってきたと認識を示しました。

パパ
パンデミックとは世界的な大流行を意味します。
WHOのテドロス事務局長は「われわれの決断によってウィルスの広がりを遅らせ感染を抑えることができる」と述べ、各国に改めてさらなる対策を要求しました。

まとめ

すでに新型コロナウィルスは100ヶ国以上に拡大しており世界中が不安に包まれています。

各国が入国制限や行動制限措置を実施する中、観光業界や航空業界だけでなく様々な業界でも経済的ダメージが大きくなってきています。

先日、ニューヨーク市場でサーキットブレイカーが発動されたり、為替が一気に円高になり101円の値をつけたり色々なところで新型コロナウィルスの影響が大きくなっています。

ただ、感染が拡大している国はある程度限定されており、100ヶ国のうち79ヶ国では感染者の数が100人以下で落ち着いている状況を見ると、慌てすぎずにしっかりと対策を取れば次第に状況は収束する可能性もあります。

日々、最新状況をキャッチして冷静な判断と行動を心がけましょう!

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないです。

CTR IMG