【新型コロナウィルス】人間からペット(犬・猫)へ感染が確認?ペットから人間への感染の可能性は?

新型コロナウィルスの感染拡大が続いていますが、人間だけでなく犬や猫などのペットにも感染が確認されています。

日本においても犬や猫などのペットを飼っている家庭は3世帯に1世帯と言われており、ペットへの感染が拡大する可能性があると非常に心配です。

今回の記事では、「人間からペットへの新型コロナウィルスの感染」と、逆に「ペットから人間への新型コロナウィルスの感染」について実例を踏まえてご紹介します。

人間からペット(犬・猫)への新型コロナウィルスの感染事例

ベルギーにおいて、飼い主から猫へ新型コロナウィルスの感染が初めて確認されたとベルギーの保健当局が発表しました。(2020年3月27日発表)

感染が確認されたのはベルギーのリエージュという地域に住んでいる女性宅で、猫を1匹飼っていたとのことです。

この女性が新型コロナウィルスに感染し、症状が出始めた1週間後に猫にも嘔吐や呼吸困難などの症状が出ており、検査の結果、新型コロナウィルスの感染が確認されました。

ベルギー当局はこの例に関して「これは特殊な事例で、ペットへの感染が相次いでいるという兆候はない」としています。

パパ
新型コロナウィルスの感染が疑われる場合はペットに触る前に手洗いをしっかりするなど気を付けることが必要です。
ベルギーの例は人間から猫への感染ですが、過去に香港で人間から犬へ感染した事例も出ています。
特殊な例の可能性も高いですが、ペットを飼っている方は十分に気を遣い、自分自身の感染及びペットへの感染が起きないように行動しましょう!

ペット(犬・猫)から人間へ新型コロナウィルスが感染する可能性はあるのか?

今回のベルギーでの例があることで、逆にペットから人間への新型コロナウィルスの感染を心配する声が上がっています。

しかしベルギー当局によると「ペットから人間やほかのペットに感染する証拠はなく、人間同士の接触による感染のケースと比べるとそのリスクは無視できる」としています。

現時点ではペットから人間へ新型コロナウィルスが逆感染している例は確認されていないようですが、今後どうなるのかは未知数と言えるかもしれません。

 

まとめ

ペットを飼っている家庭は、自分自身がもし新型コロナウィルスの感染が疑われる場合、ペットとの濃厚接触や顔を舐めさせたりするスキンシップも控えるべきです。

ご自身とペットの健康と安全を守るためにも、まずは感染しないように手洗いうがいなどを徹底し、不要不急の外出を自粛するなど心掛けて生活することが大切です。

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ない思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG