『Go To Eatキャンペーン』お店が子供(赤ちゃん)にも1人2000円以上の注文を義務付けてくるありえない現象が勃発!

『Go To Eatキャンペーン』が始まって約半月が経過しましたが、意外にもトラブルが発生しています。

鳥貴族の錬金術問題が起きてから、政府が1人1000円以上(昼は500円以上、夜は1000円以上)の注文をするように指示したことで、ホットペッパーグルメぐるなびにおいても低額飲食は対象外と変更になりました。

※鳥貴族問題とは・・・1人300円や500円などの飲食を済ませ1000円の還元を受けて利益を得る行為

しかし、実際には『Go To Eatキャンペーン』に参加するかしないかはお店の判断に委ねられており、ホットペッパーグルメぐるなびなどの予約サイトには一定のルールが決まっていますが、お店によってはそのルール以上の制限を設けている場合もあります。

『Go To Eatキャンペーン』で子供(赤ちゃん)にも1人2000円以上の注文を義務付け?

私たち家族がディナー時間に予約したレストランで実際に起きた問題です。

家族構成は夫婦2人と子供(1歳児)の3人で、ホットペッパーグルメで予約しました。

この場合、通常であれば1人1000円以上(3人で合計3000円以上)の注文をすれば3人合計で3000ポイントが還元されます。

しかし、お店からは・・・少し驚きの言葉を受けました。

①『Go To Eatキャンペーン』を適用したいのであれば子供(赤ちゃん)も含めて1人2000円以上の注文(合計6000円以上)をお願いする

②1人2000円以上の注文ができないなら『Go To Eatキャンペーン』の対象外にする

③子供で1人2000円以上注文できないのであれば、『Go To Eatキャンペーン』の対象者は大人2名のみにする(大人は1人2000円以上が必須)

まず、『Go To Eatキャンペーン』は子供であっても1人とカウントされるのが普通です。
過去に別のお店にも何度か行きましたが、我が家の場合は子供が一緒であっても合計3000円以上注文すればきっちり3000ポイントの還元をしてもらえています。(実際のポイント反映は10月末ですが、お店の人に確認済み)
しかし、何故か今回のお店は1人2000円以上の注文を義務付けています。
ホットペッパーグルメの規約にも2000円以上の注文は義務付けていないはずですが、お店の独断でそういう形にしているのだと思います。
その辺はお店の自由なのかどうかははっきりわかりませんが、そうするのであれば『Go To Eatキャンペーン対象店』と記載して大々的に告知するのをやめるべきではないでしょうか?

お店が1人2000円以上などの条件をつける理由

少しお店側の立場になって考えてみました。

『Go To Eatキャンペーン』のポイント還元はお店自体が負担しているわけではなく、政府が負担しているので条件を厳しくすると逆効果だと感じます。

しかし、それでも条件を厳しくしているのにはいくつか理由があると考えられます。

①お店が『Go To Eatキャンペーン』のことをよく理解していない(ポイント還元など不利になると勘違いしている)

②低額飲食(1000円ギリギリで食べる人など)で来るお客さんはお店にとって必要ない、迷惑な客だと思っている

③ホットペッパーやぐるなびを通して予約してくるお客ばかりになると手数料が多くなり利益が圧迫される

④お店が狭いため『Go To Eatキャンペーン』目当てで来るお客よりも高額飲食してくれる客や常連客を大事にしている

考えてみるとこういった理由があるのではないでしょうか?
とはいえ、実際に新型コロナウィルスで打撃を受けた飲食店においては、『Go To Eatキャンペーン』で新規顧客の獲得ができるチャンスです。
今までなら絶対来ないであろうお客さんに対してお店の料理や雰囲気などをアピールチャンスがあるわけですので、わざわざ条件を厳しくして新規顧客を逃す必要もないはずです。

『Go To Eatキャンペーン』で狙い通り確実にポイント還元を受ける方法

まず、『Go To Eatキャンペーン』には2種類の割引を受ける方法があることを理解しておきましょう。

まだ全容を把握していない方は下記の記事をご覧ください↓

今回の記事はホットペッパーグルメぐるなびなどの予約サイトで予約してポイント還元を受ける方法を利用した場合の話です。
基本的にはホットペッパーやぐるなびなどではそれぞれ政府の方針に準じた『Go To Eatキャンペーン』のルールが設定されていますが、今回のように例外的にお店が独断で客側に条件を追加する場合があります。
では、ポイント還元されるつもりで行ったのに逆に大きな出費をしてしまわないためにはどうすればよいでしょうか?

①予約した後、お店に事前にメールか電話で確認する

②予約時に備考欄で『Go To Eatキャンペーン』を利用したい旨、子供がいることなど詳細を記載しておく

③他の利用者が実際にポイント還元してもらえたかSNS上の口コミなどで確認する

④ポイントが確実にゲットできるとわかったお店をリピートする

確実な方法は①ですが、お店に電話したりするのが抵抗がある、面倒だ!という人は意外と多いでしょう。
そういう場合は②か③の方法である程度リスクを減らすことができます。
さらに言えば、自分自身で利用してポイントが狙い通り獲得できるとわかったお店のリピーターになれば安心感は抜群です。

まとめ

『Go To Eatキャンペーン』は上手く活用すれば、食費がタダ同然に節約できますが、鳥貴族問題が話題に挙がったようにお店に不利益になるような使い方はやめましょう。
しかし、実際に今回のようにお店側が何かしらの意図を持って利用制限をかけてくる場合がありますので、確実にポイント還元を狙いたい方は事前に対処するようにしてください。
お店側も消費者もwin-winな関係になれれば一番良いですね!
最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないです。

CTR IMG