【ボンビーガール】風呂なし家賃1万円で暮らすドルフィンガイドの女性とは?能登島で暮らす「はたらきガール」森田茜さん26歳。

出典:日本テレビ「ボンビーガール」

7月7日放送の『幸せ!ボンビーガール』では、能登島でドルフィンガイドをやっている森田茜さん(26歳)が登場します。

森田さんはもともとバスの待合所だった風呂なし物件に家賃1万円で暮らすボンビーガールです。

ネット上では「かわいい」と話題になっていますが、森田さんのプロフィール等をわかる範囲でご紹介します。

ドルフィンガイド森田茜さんのプロフィール

本名:森田茜(もりたあかね)さん

生年月日:1993年生まれ(現在26歳)

出身地:三重県津市

職業:ドルフィンガイド(ドルフィンスマイルに入社)

学歴:名古屋コミュニケーションアート専門学校にてドルフィントレーナーを専攻

休日の過ごし方:料理、アニメ、PCで絵を描く、のんびり

ハマっていること:アクセサリー作り

好きな食べ物:アイス

好きな男性のタイプ:川島永嗣(サッカー選手のGK川島永嗣)

飼っているペット:猫

ドルフィンガイド森田茜さんはかわいい?

かわいいと評判の森田さんですが、仕事をしている姿以外の写真をご覧ください。

※出典:@DIME

 

 

 

 

ボンビーガールの放送内容(7月7日)

茜さんの特集は番組後半の約5分程度のみとなりました。

以前、放送された「風呂なし物件」が紹介された後、新型コロナウィルスの影響で茜さんの仕事や生活がどうなっているのかが放送されました。

現在も茜さんはこの物件に住み続けているそうですが、相変わらず家の玄関先がバスの停留所のため、知らないおじさんが入ってくるようです・・・

それでもここに住み続けている理由はドルフィンガイドの仕事を続けているからです。

コロナの影響でドルフィンガイドの仕事はどうなっている?

5月22日に営業再開をしましたが、相変わらずお客さんはほとんどいない状況です。

能登島の海に生息している野生のミナミハンドウイルカと一緒に泳ぐためのガイドの仕事がない状況でも、体を慣らすために日々海に潜って訓練を続けています。

経営者も登場していましたが、「このままの状況が続くと経営が厳しい」と言っていたので今後、茜さんの仕事がもしかしたらなくなってしまうかもしれません。

コロナの影響で生活はどうなっている?

茜さんの給料の詳細などは紹介されていませんでしたが、車がイノシシと衝突した影響で修理代10万円がかかり、さらに飼い猫のソラくんが尿路結石になってしまい治療費に40万円かかってしまいました。

それにより計50万円あった貯金がほぼなくなってしまったそうです。

日本で野生のイルカと泳げるのは4か所だけ

今回放送された「能登島」以外では、「利島」、「御蔵島」、「小笠原諸島」の3つのみです。

能登島は他の3つと比べると波が穏やかな場合も多く、初心者や子供にもおすすめです。

また、能登島では6月~7月にイルカの赤ちゃんが生まれるので、それを見ることが可能です。

まとめ

ドルフィンガイドを続けている茜さんですが、やはり新型コロナウィルスの影響で仕事の状況は良いとは言えない状況です。

家賃が1万円と安いのが救いですが、今後、県をまたぐ移動や観光などが少しずつ改善されていかない限りは厳しい状況は続くでしょう。

能登島には和倉温泉や輪島朝一、ガラス工房、のとじま水族館など様々な観光地があるため、状況が回復したらまた盛り上がっていってほしいです。

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないです。

CTR IMG