【世界のバナナランキング】世界でバナナの生産量が多い国トップ10!1位は予想外のあの国?

世界には196ヶ国あると言われていますが、その中でバナナの生産量が多い国のランキングをご紹介します。

ランキングを見る前にまずは世界でバナナの生産量が多い国トップ10を予想してみてください!

日本はバナナを生産しているイメージはないですが、世界と比較するとどれくらいの生産量があるのでしょうか?

また、日本のスーパーなどで購入するバナナはフィリピン産やエクアドル産、ブラジル産などのイメージが強いと思いますが、1位はそれらの国なのでしょうか?

1位は予想外のあの国です!

世界でバナナの生産量が多い国トップ10

ランキング 国名 生産量(トン)
1位 インド 3,080万
2位 中国 1,122万
3位 インドネシア 726万
4位 ブラジル 675万
5位 エクアドル 650万
6位 フィリピン 614万
7位 グアテマラ 402万
8位 コロンビア 370万
9位 アンゴラ 349万
10位 タンザニア 346万

出典1:Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) – FAOSTAT – Production, Crops, Bananas, 2018
出典2:外務省「世界色々雑学ランキング」

バナナの生産量1位はインドです。

日本人の場合、インドでバナナをたくさん生産しているイメージを持っている人は少ないと思います。

インドといったらカレーやヒンドゥー教、ITのイメージが強く、バナナを生産したり、よく食べたりしているイメージはほぼないと思います。

中国が2位にランクインしていますが、同様に中国においてもバナナをたくさん生産していたり、良く食べているイメージはあまりないはずです。

パパ
やはり、インドや中国は国土面積も広く人口も多いため、一部のエリアで一部の人が生産するだけで他国の生産量を簡単に上回ってしまう力があるのかもしれませんね!
基本的にバナナは熱帯気候に近い環境で良く育つ農産物ですので、インドや中国以外の国を見ると暑い国がランクインしていることがわかります。
アジアや南米だけでなく、アフリカのアンゴラやタンザニアが9位と10位にランクインしているのは意外かもしれません。
特にアンゴラという国は日本人にはほぼ馴染みがなく聞いたことすらないという人も意外と多いのではないでしょうか?

日本のバナナ生産量は何位?

日本でバナナを生産しているイメージはほとんどないかもしれませんが、一部の地域でごくわずかですが生産しています。

生産量は51トンという水準で1位の3080万トンと比較すると60万倍もの差があることがわかります。

生産量が少なすぎて世界で何番目かを断定するのは難しいですが、別の資料によると129位という順位が公表されていたりします。

ちなみに日本はバナナの輸入割合が99.9%と言われており、主にフィリピンやエクアドルから輸入しています。

まとめ

バナナの生産量1位と2位がインドと中国だったのは予想外だったという人も多いと思います。

日本ではフィリピン産やエクアドル産などをよく目にすることが多いため、統計データを見なければ気づきづらい部分です。

なぜ日本がインド産や中国産のバナナではなく、フィリピン産やエクアドル産をメインに輸入しているかははっきりわかりません。

気になる方はそういう点も深堀りして調べてみると面白いと思います。

もし、具体的な理由がわかったらコメント等でシェアしていただけると幸いです。

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ない思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG