【世界の地震ランキング】世界で地震が多い国トップ10!日本は何位?

世界には196ヶ国(海外領土や自治領などの地域も含めると249)あると言われていますが、その中で地震が多い国のランキングをご紹介します。

ランキングを見る前にまずは世界で地震が多い国トップ10を予想してみてください!

日本は世界でもトップクラスに地震が多い国だと言われていますが、他国と比べてどれくらい地震の回数が多いのでしょうか?

やはり1位なのか?それとも日本よりも地震が多い国があるのか・・・早速見てみましょう!

※今回の統計データは1900年~2016年をベースに計算されており、地震回数は一定以上の規模の地震が対象になっています。(回数は一年間の平均値だと思われます)

世界で地震が多い国トップ10

ランキング 国名 回数
1位 中国 157
2位 インドネシア 113
3位 イラン 106
4位 トルコ 77
5位 日本 61
6位 ペルー 44
7位 アメリカ 41
8位 イタリア 33
9位 アフガニスタン 32
9位 インド 32
9位 ギリシャ 32
9位 メキシコ 32

出典1:https://www.statista.com/
(※1900年~2016年データ)

世界で地震が多い国1位は中国です。

日本にいても中国で起きた大規模な地震などはニュースで流れたりしますが、まさか日本よりも多いと思っていた人は意外と少ないかもしれません。

このデータで見る限り、日本の2倍以上の頻度で中国は地震が起きている計算になります。(中国が157、日本が61)

パパ
恐らく、157という数値は1900年~2016年における一定規模以上の地震の平均回数だと思います。ちなみに震度1以上であれば日本は1年で2000回以上起きています・・・(2021年は2424回)
中国では四川省などで地震が多いですが、基本的にはプレートの関係で地震が多くなりやすい傾向にあります。(アルプスヒマラヤ造山帯)

上位の国は造山帯エリアが中心

地震の多い国2位~10位の国をみてみると、環太平洋造山帯やアルプスヒマラヤ造山帯に該当する国々です。

日本は5位

日本は世界5位です。(数値61)

日本は環太平洋造山帯に属しているため地震が多い国です。

2011年には東日本大震災が起きましたが、その年は近年の中で最も地震の回数が多く、震度1以上の地震が10638回観測されています!

回数ももちろん多いですが、超大型の地震も過去に何度も起きています。

まとめ

世界で地震が最も多い国は中国でしたが、日本も5位でかなり地震が多い国です。

今後、数十年以内にほぼ確実に南海トラフ地震が起きると言われていますし、過去の南海トラフ地震よりも規模が大きくなると予測されています。

その他、首都直下型地震のリスクも高いですし、日本国内に住んでいる限りどこにいても絶対に安全だという場所はないと言われています。

地震に慣れてしまっている私たち日本人ですが、改めて防災の意識を持って普段の生活から準備できることは準備しておきましょう!

評価:4.4(全評価635)
パパ
次回の記事では地震の規模(マグニチュード)について詳しく解説します↓
最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないと思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG