【世界の外国人旅行客ランキング】世界で外国人観光客が多い国トップ10!日本は何位?

世界には196ヶ国(海外領土や自治領などの地域も含めると249)あると言われていますが、その中で外国人観光客が多い国のランキングをご紹介します。

ランキングを見る前にまずは世界で外国人観光客が多い国トップ10を予想してみてください!

日本においても近年、海外からの旅行客が急増していましたが、世界の観光立国と比べてどれくらいの水準なのでしょうか?
新型コロナウィルスの影響で現在は外国人観光客は急激に減ってしまっていますが、今後は元の水準に戻るまで時間がかかるでしょう。
※今回ご紹介する統計データは2018年のものなので、新型コロナウィルスの影響は一切関係ありません。

世界で外国人観光客が多い国トップ10

ランキング 国名 人数(単位:1000人)
1位 フランス 89,322
2位 スペイン 82,773
3位 アメリカ 79,746
4位 中国 62,900
5位 イタリア 61,567
6位 トルコ 45,768
7位 メキシコ 41,313
8位 ドイツ 38,881
9位 タイ 38,178
10位 イギリス 36,316

出典1:UNWTO(United Nations World Tourism Organization)
出典2:GLOBAL NOTE
(※2018年データ)

世界で外国人観光客が多い国1位はフランスです。

フランスが世界一の観光大国だということは有名ですよね。

フランスには「エッフェル塔」、「凱旋門」、「ルーヴル美術館」、「シャンゼリゼ通り」、「モンサンミッシェル」、「ヴェルサイユ宮殿」など様々な有名人気観光地があります。

日本人がヨーロッパ旅行を考える際もフランスのパリが最も多く候補にあがるのではないでしょうか?

上位の国はヨーロッパ諸国が中心

2位~10位の国をみるとヨーロッパ諸国が目立ちます。

1位のフランスに次いで2位のスペインは僅差です。

日本人のイメージであればスペインよりもイタリアやドイツ、アメリカなどの国の方が観光客が多いと思っている人も多いのではないでしょうか?

スペインも「サクラダファミリア」、「アルハンブラ宮殿」などの有名観光地がある他に、サッカーのリーガエスパニョーラがとても人気です。

3位以降の国に関しても、観光資源が豊富な国が上位にランクインしていることがわかります。

また世界遺産が多い国が観光客が多くなっている傾向があるとも言えるでしょう。

パパ
世界の世界遺産については下記記事を参考にしてください↓
【世界遺産ランキング】世界遺産が多い国トップ10!日本は何位?

日本は何位?

日本は世界11位です。(数値は31,192)

日本には、外国人からみると魅力的な観光地や日本食、文化などがたくさんあります。

近年、「youは何しに日本へ?」などのテレビ番組なども人気となっていますが、日本に興味を持った外国人が多いことがはっきりわかります。

実際に日本は東京オリンピックが開催される予定だったことや、少子高齢化の対策としても観光に力を入れ始めていて、外国人観光客は年々増加していました。

今後、新型コロナウィルスの影響がどこまで続くかはわかりませんが、早く正常に戻ることを期待したいですね。

日本のランキングの前後5位の国

日本より順位が良い国はトップ10の国を見ればわかりますので、今回は12位~16位の国を見てみましょう。

11位:日本

12位:オーストリア

13位:ギリシャ

14位:香港

15位:マレーシア

16位:ロシア

まとめ

海外からの観光客が多いのは基本的にはヨーロッパ諸国です。

やはりEUという横の繋がりもあり、入国した後、国境の移動が簡単ということも大きいでしょう。

日本のように島国に入国すると、その後別の国に寄ろうと思っても飛行機に乗って移動しなければなりません。

ヨーロッパの場合は陸地での移動ができる点は魅力的です。

また、ヨーロッパには数多くの世界遺産や観光地があることも大きなポイントです。

日本は島国という要素を持ちながら世界11位ですので、外国人からみて非常に魅力的な国だと認識されているでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ない思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG