【世界の小麦ランキング】世界で小麦の生産量が多い国トップ10!日本は何位?

世界には196ヶ国あると言われていますが、その中で小麦の生産量が多い国のランキングをご紹介します。

ランキングを見る前にまずは世界で小麦の生産量が多い国トップ10を予想してみてください!

日本は近年、米よりもパンの消費量の方が多くなってきていますが、小麦は自給自足できているのでしょうか?

日本がトップ10に入っているのか、入っていない場合何位くらいなのか?も併せて予想してみてください。

世界で小麦の生産量が多い国トップ10

ランキング 国名 生産量(トン)
1位 中国 1億3,144万
2位 インド 9,970万
3位 ロシア 7,213万
4位 アメリカ 5,128万
5位 フランス 3,579万
6位 カナダ 3,176万
7位 パキスタン 2,507万
8位 ウクライナ 2,465万
9位 オーストラリア 2,094万
10位 ドイツ 2,026万

出典1:Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) – FAOSTAT – Production, Crops, Wheat, 2018
出典2:外務省「世界色々雑学ランキング」

1位と2位は米の生産量ランキングと同様に中国とインドになりました。

他の上位の国をみても基本的には国土面積が大きい国がランクインしています。

パパ
米の生産量ランキングや国土面積ランキングについて知りたい方は下記記事を参考にしてください↓
【世界の米ランキング】世界で米の生産量が多い国トップ10!日本は何位?
【世界の面積ランキング】面積が大きい国と小さい国トップ10!日本は何位?
一方でフランスやパキスタン、ドイツなどは日本とそこまで面積が変わらないにも関わらずトップ10にランクインしています。
小麦だけに言えることではないですが、農作物には生産に適した気候や土地などがありますのでそういう外的要因が大きく関係しているのかもしれません。

日本の小麦の生産量ランキングは何位?

日本の小麦の生産量ランキングは参照している外務省のデータだと圏外のため正確にはわかりません。

しかし、別の資料だと日本のランキングは53位と発表されている場合があります。

生産量は約76万トンです。

53位と聞くと食糧自給率が低いと言われている日本としては意外と高いと感じる方も多いのではないでしょうか?

しかし、実際のところ小麦は輸入にほとんど依存している状況で、国内生産の割合は全体の10%~15%程度しかありません。

そして日本が小麦を輸入している相手国はアメリカやカナダ、オーストラリアなどが中心となっています。

まとめ

小麦は基本的に面積が大きい国で多くの量が生産されていることがわかりました。

日本人の食卓においても小麦は必要不可欠な材料ですので、今後も輸入に頼っていくことになると思いますが、もう少し食糧自給率を上げていく取り組みが必要かもしれません。

輸入先が中国やインドではなく、アメリカやカナダ、オーストラリアなどが中心だということも意外だったかたもいるかもしれませんが、日中関係の悪化の可能性もある状況下では安心材料の一つとも言えますね。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ない思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG