【世界の自動車販売台数ランキング】世界で自動車の販売台数が多い国トップ10!日本は何位?

世界には196ヶ国(海外領土や自治領などの地域も含めると249)あると言われていますが、その中で自動車の販売台数が多い国のランキングをご紹介します。

ランキングを見る前にまずは世界で自動車の販売台数が多い国トップ10を予想してみてください!

前回は自動車の生産台数のランキングをご紹介しましたが、今回は販売台数のランキングです。

一見、同じような統計データに見えますが、よく見るとその内容が随分違うようにも思えます!

パパ

自動車関連のランキングでは「販売台数」の他に「生産台数」や「輸出台数」など微妙に意味合いが違うものもあるため、それぞれのランキングも併せてご覧ください↓

【世界の自動車生産台数ランキング】世界で自動車の生産台数が多い国トップ10!日本は何位?

【世界の自動車ランキング】世界で自動車の輸出台数が多い国トップ10!日本は何位?


※今回の統計データの概要

・各国国内で販売された自動車(新車)の総販売台数。

・四輪自動車の生産台数(四輪自動車=乗用車、小型商用車、トラック、バス)

・二輪車(バイク)は含まない

世界で自動車の販売台数が多い国トップ10

ランキング 国名 販売台数(台)
1位 中国 26,274,820
2位 アメリカ 15,408,565
3位 日本 4,448,340
4位 インド 3,759,398
5位 ドイツ 2,973,319
6位 フランス 2,142,284
7位 ブラジル 2,119,851
8位 イギリス 2,044,091
9位 ロシア 1,741,965
10位 韓国 1,734,581

出典1:OICA(International Organization of Motor Vehicle Manufacturers )
出典2:GLOBAL NOTE
(※2021年データ)

世界で自動車の販売台数が多い国1位は中国です。

生産台数と同様に2位以下の国とも大きな差をつけてのダントツ1位です。

生産台数も販売台数もほぼ同じ数値です。

上位の国は先進国が中心?

世界で自動車の販売台数が多い国2位~10位の国をみてみると、アメリカや日本、ドイツ、フランス、イギリスなどの先進国が多くランクインしています。

とはいえ、インドやブラジルなどのようにこれから急成長を遂げるであろう途上国もトップ10に多く入っていますが、生産台数でトップ10に入っていたメキシコとタイがトップ10から外れているのは注目です。

パパ
※中国やアメリカ、フランス、イギリス、ロシア等に関しては2021年度の生産台数より販売台数が多くなっているという矛盾点が生じていますが、これは輸出入の関係で輸入車を国内で多く販売している国は生産台数より販売台数が多くなる傾向があると考えて良いと思います!
逆にメキシコやタイは自動車を国内でたくさん生産しても国内で販売せずに輸出して海外で多く販売していると考えられるでしょう!

日本は3位

日本は世界3位です。(数値は4,448,340)

年間で約445万台の販売台数です。
日本は他国と比べても生産台数と販売台数の差が大きいです。(生産台数は約785万台)
日本のトヨタなどの自動車メーカーは国内で車を製造して国内で販売するケースもありますが、「国内で製造⇒海外へ輸出」、「国外で現地生産」というケースも非常に多いです。
今後、日本国内で日本人が新車を購入しようと考える層が減ってくると、「車の生産台数は多いが販売台数が極端に少ない日本」という流れになるかもしれません。

自動車の販売台数が多い国11位~20位(おまけ)

参考までに日本と順位が近い11位~20位の国もご紹介します。

11位:カナダ

12位:イタリア

13位:オーストラリア

14位:メキシコ

15位:スペイン

16位:インドネシア

17位:トルコ

18位:タイ

19位:サウジアラビア

20位:ポーランド

11位~20位までの国を見ると、ヨーロッパ諸国や人口の多い国が多くランクインしていることがわかります。

ちなみに11位のカナダの数値が1,704,850、20位のポーランドが554,613です。

まとめ

世界で自動車の販売台数が多い国1位は中国でした。

自動車の生産台数と販売台数をそれぞれ見ると、同じような統計データのようで実際は少し違う要素があって新たな発見があった方もいるのではないでしょうか?

・日本企業が日本国内で生産・販売するケース

・日本企業が日本国内で生産して海外へ輸出してその国で販売するケース

・日本企業が海外で現地生産して海外(現地)で販売するケース

・日本企業が海外で現地生産して別の国へ輸出して販売するケース

少し考えてみてもこのようなパターンがあるので、製造された1台がどの国の生産台数や販売台数の実績に含められるかで統計データの内容は大きく変わってくるはずです。

とはいえ、こんなに複雑に考えなくても「車の生産能力が高くて需要も高いのは中国、アメリカ、日本の3ヶ国」と覚えておくだけでも十分です♪

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないと思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG