【世界の航空会社ランキング(2021年)】ワールド・クリーンエスト トップ10を発表。清潔さはやっぱり日本が1位?

世界には196ヶ国(海外領土や自治領などの地域も含めると249)あると言われていますが、各国に航空会社が複数あり、航空会社の数は1000以上あるそうです。

航空会社のランキングは部門別に分けられていることが多いですが、今回は④のワールド・クリーンエスト(清潔)トップ10をご紹介します。

ランキングを見る前にまずはワールド・クリーンエスト部門の航空会社トップ10を予想してみてください!

※下記の④以外の①~⑦についても気になる方はチェックしてみてください↓

「2021年ワールド・ベストエアライン」トップ10

「2021年ワールド・ベストLCC」トップ10

「2021年ワールド・ベストキャビンスタッフ」トップ10

④「2021年ワールド・クリーンエスト」トップ10

「2021年ワールド・ベストファーストクラス」トップ10

「2021年ワールド・ベストビジネスクラス」トップ10

「2021年ワールド・ベストエコノミークラス」トップ10

2021年ワールド・クリーンエスト(清潔) トップ10

ランキング 航空会社 国名
1位 ANA 日本
2位 シンガポール航空 シンガポール
3位 JAL 日本
4位 カタール航空 カタール
5位 エバー航空 台湾
6位 キャセイパシフィック航空 香港
7位 アシアナ航空 韓国
8位 大韓航空 韓国
9位 海南航空 中国
10位 スイスインターナショナルエアラインズ スイス

出典1:トラベルボイス
(※2021年データ)

ワールドクリーンエスト部門の1位はANAです。

ANAは航空会社の総合ランキングで2位、キャビンスタッフ部門で3位と上位につけていますが、ワールドクリーンエスト部門で遂に1位を獲得しています。

日本の航空会社は世界と比較しても清潔感があるイメージが強い方も多いと思いますので納得の1位と言えるかもしれません。

パパ
日本は航空会社に限らず飲食業やエンターテインメント産業などにおいても基本的に清潔感を高い水準で保っている企業が多いと思います。
ママ
海外旅行などで海外の航空会社を利用したり、現地での生活を何度か経験しますが、海外にいるとやっぱり日本の清潔感や衛生面の高さはすごい水準なのだなと改めて感じることが多いですね!

日本はトップ3にANAとJALの2社がランクイン

日本の2大航空会社のANAとJALですが、今回のワールドクリーンエスト部門ではANAが1位、JALが3位にランクインしています。

他の部門のランキングと比較してもこの部門の水準が一番高いことがわかります。

また、日本の航空会社以外の上位で見ると、アジア勢が多くランクインしています。

パパ
トップ10のうち、日本や韓国、中国などで7社がアジアの航空会社になっていることはアジア人としては嬉しく思う点ですよね!
最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないと思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG