【世界の航空会社ランキング(2021年)】ワールド・ベストビジネスクラス トップ10を発表。

世界には196ヶ国(海外領土や自治領などの地域も含めると249)あると言われていますが、各国に航空会社が複数あり、航空会社の数は1000以上あるそうです。

航空会社のランキングは部門別に分けられていることが多いですが、今回は⑥のワールド・ビジネスクラストップ10をご紹介します。

ランキングを見る前にまずはワールド・ビジネスクラス部門の航空会社トップ10を予想してみてください!

※下記の⑥以外の①~⑦についても気になる方はチェックしてみてください↓

「2021年ワールド・ベストエアライン」トップ10

「2021年ワールド・ベストLCC」トップ10

「2021年ワールド・ベストキャビンスタッフ」トップ10

「2021年ワールド・クリーンエスト」トップ10

「2021年ワールド・ベストファーストクラス」トップ10

⑥「2021年ワールド・ベストビジネスクラス」トップ10

「2021年ワールド・ベストエコノミークラス」トップ10

2021年ワールド・ビジネスクラス トップ10

ランキング 航空会社 国名
1位 カタール航空 カタール
2位 シンガポール航空 シンガポール
3位 ANA 日本
4位 エミレーツ航空 アラブ首長国連邦(UAE)
5位 エバー航空 台湾
6位 カンタス航空 オーストラリア
7位 エティハド航空 アラブ首長国連邦(UAE)
8位 海南航空 中国
9位 キャセイパシフィック航空 香港
10位 エールフランス航空 フランス

出典1:トラベルボイス
(※2021年データ)

ワールドビジネスクラス部門の1位はカタール航空です。

カタール航空は航空会社の総合ランキングで1位、ベストキャビンスタッフ部門では10位、クリーンエスト部門(清潔)でも4位と常に上位にランクインする航空会社です。

カタール航空は評価が高くリッチなイメージがあるにも関わらずエコノミークラスは比較的安く一般層でも乗りやすい航空会社です。

パパ
一方、ファーストクラスやビジネスクラスを収益の柱に構えており(筆者の推測)、富裕層向けの航空会社とも言えるでしょう。
ママ
中東諸国はオイルマネーで豪華なイメージが強いですね!笑
実際にトップ10のうち、4位のエミレーツ航空はアラブ首長国連邦のドバイが拠点の航空会社で、7位のエティハド航空は同様にアラブ首長国連邦のアブダビを拠点にしている航空会社です。

日本はトップ10にANAがランクイン

日本の2大航空会社のANAとJALですが、今回のワールドビジネスクラス部門ではANAが3位にランクインしています。

残念ながらJALはトップ10には入っていません。

パパ
ANAもJALも私たち家族はまだビジネスクラスに乗ったことがないのでどれくらい差があるのかはイメージがつきませんね~!
ママ
コロナが落ち着いて海外旅行に行けるようになったらマイルためてビジネスクラスにも乗ってみたいです!
日本のANAやJALはファーストクラスやビジネスクラスではなくとも十分快適な旅ができるのでエコノミークラスでも十分だと感じている方も多いと思います。
次の記事ではワールドエコノミークラストップ10をご紹介しますが、日本のANAとJALはさすがの順位にランクインしています。
最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないと思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG