【世界の航空会社ランキング(2021年)】ワールドベストエアライン トップ10を発表。

世界には196ヶ国(海外領土や自治領などの地域も含めると249)あると言われていますが、各国に航空会社が複数あり、航空会社の数は1000以上あるそうです。

今回はその1000以上の航空会社の中で、航空会社の総合ランキングトップ10をランキング形式でご紹介します。

ランキングを見る前にまずは航空会社トップ10を予想してみてください!

航空会社のランキングは部門別に分けられていることが多いですが、今回は総合的なランキングである①のワールド・ベストエアライントップ10をご紹介します。

①「2021年ワールド・ベストエアライン」トップ10

「2021年ワールド・ベストLCC」トップ10

「2021年ワールド・ベストキャビンスタッフ」トップ10

「2021年ワールド・クリーンエスト(清潔)」トップ10

「2021年ワールド・ベストファーストクラス」トップ10

「2021年ワールド・ベストビジネスクラス」トップ10

「2021年ワールド・ベストエコノミークラス」トップ10

①以外の②~⑦のランキングも気になる方はぜひチェックしてみてください!

2021年ワールド・ベストエアライン トップ10

ランキング 航空会社 国名
1位 カタール航空 カタール
2位 シンガポール航空 シンガポール
3位 ANA 日本
4位 エミレーツ航空 アラブ首長国連邦
5位 JAL 日本
6位 キャセイパシフィック航空 香港
7位 エバー航空 台湾
8位 カンタス航空 オーストラリア
9位 海南航空 中国
10位 エールフランス航空 フランス

出典1:トラベルボイス
(※2021年データ)

ワールドベストエアライン部門の1位はカタール航空です。

2019年、2020年のランキングでも1位でしたのでこれで3年連続です。

カタール航空は日本人の多くは乗ったことがないかと思いますが、日本からハマドという空港から羽田空港と成田空港へ就航しています。

また、ワールドベストエアライン1位になっていてすごく値段が高いのでは?と想像してしまいますが、エコノミークラスは安くてコスパが良いという評判です。

パパ
カタール航空はビジネスクラスやファーストクラスでの利益をメインの柱としているという説もありますし、そもそもオイルマネーで経済的に余裕があるためエコノミークラスは安いのに高品質で提供できているという説もあるようです!

日本のANAやJALがトップ10入り

ANAは前年度の2020年でも3位で2年連続の3位です。

一方JALは前年度は11位でトップ10から外れていましたが、2021年度は5位に浮上しています!

世界に1000以上の航空会社があると言われている中で日本の2大航空会社が2つもトップ10に入っているのは日本人として嬉しいですよね!

別のランキングでは「最も信頼できる航空会社」としてANAが世界1位、JALが世界3位に輝いているデータもあります。

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないと思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG