【世界の造船ランキング】世界で造船竣工量が多い国トップ10!日本は何位?

世界には196ヶ国あると言われていますが、その中で造船竣工量が多い国のランキングをご紹介します。

ランキングを見る前にまずは世界で造船竣工量が多い国トップ10を予想してみてください!

以前は「造船」と言えば日本や韓国の2強というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

学校の授業でもそういう風に習った!と思いだす方も多いかもしれません。

では、近年の造船竣工量はどうなっているのでしょうか?日本は果たして何位なのでしょうか?

世界で造船竣工量が多い国トップ10

ランキング 国名 台数
1位 中国 2,383万
2位 韓国 2,242万
3位 日本 1,307万
4位 フィリピン 198万
5位 ルーマニア 61万
6位 台湾 60万
7位 ドイツ 47万
8位 イタリア 46万
9位 ベトナム 39万
10位 アメリカ 23万

出典1:一般社団法人日本船主協会 海運統計要覧2019(造船国別竣工量推移(2017年)
出典2:外務省「世界色々雑学ランキング」
(注)対象は100総トン以上の船舶

世界で造船竣工量が多い国1位は中国です。

2位が僅差で韓国、そして3位が日本です。

上位3か国が4位以下を大きく突き放しているのが竣工量を見るとわかると思います。

トップ10の国の中で、ルーマニアが5位というのは予想外かもしれません。

ルーマニアはヨーロッパで東欧に位置し、日本や韓国など上位の国のように大きな海に面していない国です。(※「黒海」には面しています)

世界と日本の造船市場の現状

国土交通省の資料には、世界と日本の造船市場の現状に関する詳細データが掲載されています。

造船竣工量のシェア推移や日本造船業の競争力などに関して細かく知ることが可能です。

その資料の中で一部をピックアップして下記に転載します。

世界の荷動き量と新造船建造量の推移

出典:国土交通省(造船市場の現状)

日本・中国・韓国の造船受注量

出典:国土交通省(造船市場の現状)

その他にも造船市場について面白いデータがあるため気になる方は直接ご覧ください。

まとめ

造船市場の竣工量には様々な要因が関係しています。

海上運賃や為替、就労者の高齢化、公的支援など様々な影響が存在します。

世界では造船の供給能力過剰問題が起きているとも言われており、日本も奮闘していますがロット受注があまりできていないなど、中国や韓国に一歩引けを取っている状況のようです。

やはり中国の近年の成長はすごいですね。造船竣工量ランキングだけでなく、他のランキングでも高確率でトップ10に入っています。

※他のランキングも見てみたい!という方は「世界の色んなランキング」カテゴリーからご覧ください!

 

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないです。

CTR IMG