【世界ODAランキング】世界で途上国援助(ODA)総額が多い国トップ10!日本は何位?

世界には196ヶ国あると言われていますが、その中で途上国援助(ODA)総額が多い国のランキングをご紹介します。

※ODAは「政府開発援助」とも呼ばれています。

ランキングを見る前にまずはODA総額が多い国トップ10を予想してみてください!

世界で資金力や経済力、影響力が大きい国が結果としてODAが大きくなっている傾向があります。

果たして日本は世界何位なのでしょうか?

世界で途上国援助(ODA)総額が多い国トップ10

ランキング 国名 途上国援助総額(米ドル)
1位 アメリカ 341億5,200万
2位 ドイツ 249億7,700万
3位 イギリス 194億1,000万
4位 日本 141億6,400万
5位 フランス 121億3,600万
6位 スウェーデン 58億4,800万
7位 オランダ 56億5,900万
8位 イタリア 51億9,000万
9位 カナダ 46億6,000万
10位 ノルウェー 42億5,800万

出典1:Statistics on resource flows to developing countries, updated on 21 Dec 2018- Table 1. DAC Members’ Official Development Assistance in 2018
出典2:外務省「世界色々雑学ランキング

世界で途上国援助(ODA)総額が多い国1位はアメリカです。

このような指標ではたいていアメリカが1位になりますね。

2位~10位はヨーロッパ諸国や日本などの先進国がランクインしています。

中国がランク外?

国連分担金やGNIでは2位にランクインしていた中国がODAランキングでは10位以内に入っていません。
中国はどちらかというと近年までODA援助を受ける側の国でした。
ちなみに、日本は対中国に対して無償資金協力や技術協力を約40年間行ってきましたが、その累計額は約3兆6500億円になっています。
※現在は対中国のODAは終了しています。

まとめ

日本はODAランキングで4位という結果でした。

日本は世界でみても借金の総額が多い国なのに他の国を援助している場合なのか?という意見もありますが、日本は世界でみると経済大国ですのでODA援助の使命もあるでしょう。

また、ODAをすることで世界貢献とともに日本と他国との関係性が見えない部分で良くなっていることもあるかもしれません。

ちなみに、ODAを受けている国はアフリカ諸国や中東諸国の発展途上国が多くなっていますが、中国のように今後経済発展を遂げていけばODAの金額も少しずつ減っていくことも予想できます。

 

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ない思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG