【世界ODA受取額ランキング】世界でODAの受取総額が多い国トップ10!

世界には196ヶ国あると言われていますが、その中でODAの受取総額が多い国のランキングをご紹介します。

※ODAは「政府開発援助」とも呼ばれています。

ランキングを見る前にまずはODAの受取総額が多い国トップ10を予想してみてください!

ODAの受取は基本的にアフリカや中東諸国の発展途上国がメインになっていますが、

果たして日本は世界何位なのでしょうか?

世界でODAの受取総額が多い国トップ10

ランキング 国名 受取金額(米ドル)
1位 シリア 99億9,100万
2位 イエメン 79億8,500万
3位 エチオピア 49億3,000万
4位 アフガニスタン 37億8,900万
5位 ナイジェリア 33億200万
6位 バングラデシュ 30億4,000万
7位 ヨルダン 25億2,400万
8位 コンゴ民主共和国 25億1,000万
9位 ケニア 24億8,800万
10位 インド 24億5,400万

出典1:OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development )
出典2:GLOBAL NOTE(OD受取額国別ランキング・推移)

世界でODAの受取総額が多い国1位はシリアです。

シリアといえば「難民」、「内戦」などのイメージが強いはずです。

日本からは距離も離れていて、政治的にも宗教的にも複雑で「よく分からないけど治安が悪そうだ」と感じている方も多いと思います。

2位~10位をみると、バングラデシュとインドを除きすべてアフリカ諸国や中東諸国がランクインしています。

シリア同様に日本に馴染みがあまりない国が多いですが、一つの特徴として人口が1億人を超えるナイジェリアやバングラデシュ、インドなどがランクインしていることも興味深い点です。

まとめ

日本はODAの拠出額では上位にランクインしているため、受取額ランキング上位の国とも我々国民は間接的ではありますが、関わりがあると言えます。

日本は島国ということもあり、海外にまったく行ったことがないという方やまったく興味がないという方もいますが、少し視野を広げて海外の国について知ると色々と新しい発見があって面白いです。

ODAをはじめ、支払った税金がどのように活用されているかをこの機会に知っておきましょう!

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ない思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG