【新型コロナ】日本からの出国者と海外からの入国者が99%以上減少!「感染症危険レベル」は未だ高水準!

新型コロナウィルスの影響で2020年4月に日本から海外へ行く人(出国者)と海外から日本に来る人(入国者)の人数が大幅に減少しことがわかりました。(日本政府観光局のデータに基づく)

日本からの出国者

出国者の数は前年比99.8%減となりました。

人数でみると、前年度が166万6546人だったのに対して、今年は3900人にとどまりました。

新型コロナウィルスの影響が世界中で出始めた際に、外務省が各国への渡航中止勧告を行っていました。

現在でも警戒は続いており、「感染症危険レベル」においてもレベル2やレベル3、レベル4などの発令が出ています。

レベル2:不要不急の渡航は止めてください

レベル3:渡航はやめてください。(渡航中止勧告)

レベル4:退避してください。渡航はやめてください。(退避勧告)

詳細は外務省公式HPをご覧ください。

また、日本から海外の国に行こうと思っても逆に、各国が日本人や日本国内からの渡航者に対して入国制限を行っていたり、行動制限措置を取っている場合があり、海外に行こうと思っても行けない状況が続いています。

詳細は外務省(日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限)をご覧ください。

日本への入国者

入国者の数は99.9%減になりました。

人数でみると、前年度が292万人だったのに対して、今年は2900人にとどまりました。

各国が海外への渡航を禁止もしくは制限を行ったことや、日本政府においても海外からの渡航者の受け入れ制限を行ったことが大きな要因です。

日本政府が海外からの入国者に対して水際対策については外務省の「日本における新型コロナウイルスに関する水際対策強化(新たな措置)」をご覧ください。

まとめ

中国では規制緩和で旅行者も急増しているようですが、他の国や日本においてはまだまだ慎重な体制です。

ヨーロッパ諸国も経済復活に向け休業要請などを緩和して人の流れは少しずつ戻っていますが、従来と同様な状況にすぐに回復することは困難です。

日本は東京オリンピックをはじめ、今後観光産業に力を入れていく方針でしたが、新型コロナウィルスの影響により戦略の見直しが必須となります。

私たち日本人においても当分は海外旅行などは控える人が多く、まずは国内旅行の需要から回復していくと予想されます。

新しい生活様式を取り入れ、他者へ感染させないような工夫をしながら一人一人が冷静な判断をして行動していくことが重要になっていくでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ない思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG