【新型コロナウィルス】イタリアと韓国が遂に「渡航危険レベル3」に引き上げ!

新型コロナウィルスの影響が世界中で拡大していることを受け、外務省は2020年3月6日イタリアと韓国への渡航警戒レベルを引き上げました。 海外への渡航に関しての「危険レベル」は元々4段階ありますが、今回はイタリアと韓国の一部の地域においてレベル3まで引き上げられることになりました

危険レベル3とは?

危険レベルは全部で4段階あります。 今回のイタリアと韓国の一部はレベル3ですので渡航中止勧告に該当します。 基本的に余程の事情がない限り行くなということですね!

レベル1 十分注意してください・
レベル2 不要不急の渡航は止めてください。
レベル3 渡航は止めてください。(渡航中止勧告
レベル4 退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告

下記に外務省HPに記載されている「渡航危険情報」のマップを掲載しましたので、イメージはつきやすいと思います。

(参考)外務省渡航危険情報

 

イタリアのロンバルディア州がレベル3に引き上げ

イタリアのロンバルディア州という地域が今回、渡航危険レベル3に引き上げられました。

出典:外務省HP

イタリアでは1月末に新型コロナウィルスの感染者が2名確認されたことがきっかけで現在の感染拡大に繋がっています。 日本政府は2月中旬以降にロンバルディア州をはじめ、他の感染拡大エリアの渡航危険レベルを2まで引き上げていました。 しかし、ロンバルディア州は感染者の拡大がなかなか収まらず、アメリカなどもイタリアへの警戒レベルを引き上げていることもあり日本政府も今回レベル3まで引き上げることになりました。  

韓国の多数エリアがレベル3まで引き上げ

韓国は中国に次いで感染者の数が急増していて深刻な状況になっています。(3月6日時点で6,284人) 先日、日本政府が中国と韓国からの入国者に2週間の隔離を義務付けるといったニュースもありました。

 
出典:外務省HP

【韓国の危険レベル3の地域】

・慶尚北道奉化(ポンファ)郡 ・大邱(テグ)広域市
・慶尚北道慶山(キョンサン)市
・安東(アンドン)市
・永川(ヨンチョン)市
・漆谷(チルゴク)郡
・義城(ウィソン)郡
・星州(ソンジュ)郡
・清道(チョンド)郡
・軍威(グンウィ)郡 上記のエリア以外は危険レベル2に設定されています。
今後、韓国に対してはさらに渡航危険レベルが引き上げられる可能性もありますので、常に最新情報をチェックするようにしてください。
 

まとめ

外務省が今回はイタリアと韓国の一部地域の渡航危険レベルそ3まで引き上げましたが、今後は他の国や地域も危険レベルが引きあがる可能性もあります。 逆に、外国が日本に対して入国制限や行動制限措置をどんどん実施してきている状況ですので、直近で海外へ旅行や仕事、留学などの予定がある方は常に最新情報をチェックするようにしましょう。

【新型コロナウィルス】日本人が24ヶ国で入国制限!58ヶ国で入国後の行動制限措置も!

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ない思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG