ディズニーで『Go To Travelキャンペーン』 の「地域共通クーポン券」は利用できる?それとも対象外?

出典:ディズニー公式サイト


『Go To Travelキャンペーン』 を利用してディズニーのオフィシャルホテルに宿泊しようと計画している人は多いと思います。

しかし、実際に思っている以上に『Go To Travelキャンペーン』 はルールが細かく設定されており、予約方法の応じて割引が適用されなかったり、「地域共通クーポン券」が使えない施設やサービスがあったりします。

まず大前提ですが、キャンペーンが適用された場合、旅行代金の50%がそのまま割引されるわけではなく、35%が旅行代金の割引、残り15%が「地域共通クーポン券」として配布されます。(10月1日から)

今回は、その「地域共通クーポン券」がディズニーランドやディズニーシーなどにおいて利用できるのか?についてご紹介したいと思います。

「地域共通クーポン券」はディズニーランド、ディズニーシーで使えるのか?

「地域共通クーポン券」が利用できる施設やサービス、そうでない施設やサービスを『Go To Travelキャンペーン』の公式サイトを参考にまとめてみました。

地域共通クーポン券で対象のものと対象外のものは?(よくある質問Q147〜163を参照)

飲食店、お土産店、移動販売店、神社仏閣、カーシェアリング、ガソリン代、定期観光バス、観光列車、フェリー
パチンコ店、麻雀店、ゲームセンター、性風俗店、スナック、キャバレー、カラオケ
これを見る限り、旅行先の飲食店やお土産屋さんなどでは「地域共通クーポン券」は使えることになります。
しかし、実際のところ、店舗が事前に「地域共通クーポン券」を使えるお店として政府に申請する必要があるようですので、それを申請していない施設では利用できません。
10月1日からは利用できる店舗にはステッカーのようなものが貼られるはずですので、それを目印にすると良いと思います。
パパ
※その他にも『Go To Travelキャンペーン』に関する気になる点をまとめていますのでぜひご覧ください↓

『Go To Travelキャンペーン』よくある質問総まとめ。旅行者が気になるポイントを大特集。

ディズニーは「地域共通クーポン券」の対象施設として申請しているのか?

ディズニーのオフィシャルホテルを公式サイトから予約する場合、『Go To Travelキャンペーン』の対象外であるため、「地域共通クーポン券」はどうなるのか疑問が残ります。

2020年9月下旬の段階では、ディズニーランドやディズニーシーにおいて「地域共通クーポン券」が利用できるかははっきり明記されていません。

しかし、「地域共通クーポン券」は旅行中に旅行先の都道府県もしくは隣接した都道府県で利用できる(宿泊当日と翌日限定)と明記されていますので、仮にディズニーランドやディズニーシーなどの園内で利用できない場合でも、レンタカーやガソリン代、駐車場代、行く途中での食事代などに使えるはずです。

最新情報(2020年9月30日)更新

遂に地域共通クーポンの公式サイトでクーポンが使えるお店が検索できるようになりました。

検索してみるとディズニーのホテル内のレストラン、イクスピアリなどに対象店舗があることがわかります。

下記は一部の例ですので、使いたいお店がある方はご自身で検索してみてください!

まとめ

2020年9月末時点ではディズニーランドやディズニーシーでの「地域共通クーポン券」の利用可否ははっきりわかりませんが、10月1日からスタートして詳細がわかり次第、記事を更新して最新情報をお伝えしたいと思います。

ディズニーのオフィシャルホテルを上手く予約しないとキャンペーンは利用できないため、まだ予約できていない方はまずはそこを攻略しましょう。

(参考記事)ディズニーランドのオフィシャルホテルは『Go To Travelキャンペーン』 の対象外?適用させて最安値で予約する方法を解説。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないです。

CTR IMG