日本人が海外移住しやすい国「チェコ」でフリーランスとして起業するための方法・手順

日本人が海外移住しやすい国「チェコ」。ビザや永住権が取りやすい?チェコ語の勉強が必要って本当?

上記のチェコ移住に関する記事の補足として今回のフリーランス・個人事業主として活動するためにどのような手順が必要か解説します。

パパ
チェコに限らずビザや永住権、起業に関する申請は法改正等により随時状況が変動する場合があることは念頭においておいてくださいね。

チェコでフリーランスとして起業した場合の手順

①チェコに出向いて労働局で「Živnostenský(通称Živno)」という事業者用の登録申請をする
②申請受理後、その証明書を持参しチェコ大使館(チェコ以外の国)にてビジネスビザの申請をする
③ビジネスビザの申請が受理された後、大使館から連絡がきたら再度チェコ大使館に行きビジネスビザを正式に取得する
④取得したビジネスビザを持ってチェコの労働局に行き「Živnostenský(通称Živno)」の手続きを開始する
⑤「Živnostenský(通称Živno)」が承認されるまで待機する
パパ
チェコに関する情報は日本ではあまり見かけないため不明な点も多いのは否めません。
実際にチェコ移住でフリーランスを希望している方は大使館や専門家などに直接相談することをオススメします!

チェコでのフリーランスとしての仕事

やはり海外で起業するとなるとハードルが高いように感じると思います。

ですが、申請手続きのための準備や書類集めはどの国でも必要になってきます。

チェコに関しては、フリーランスとして働くための敷居が比較的低い方ですので、審査や規制が厳しくなる前に検討するのも良いでしょう。

パパ
チェコでビジネスビザを取得する際には業種や職種は80種類から選べるため、自分自身のやりたい職種やこれまでの経験を生かした職種を選択できます。

海外でフリーランスとして働く場合、IT関連の仕事やサイトやブログ作成、アフィリエイトなどの広告活動などを検討する人が多いと思いますが、日本人ならではのビジネスを検討するのも面白いかもしれません。

日本人向けのツアーガイドや民泊をやっている方も最近は多くなってきていますよね。

ビザの申請を通すためにも、「チェコに住まなければできない仕事」を考えておく必要はありますので、本格的にチェコでビジネスや永住を検討している方は英語やチェコ語の勉強と併せて少しずつ進めていきましょう!

パパ
チェコよりももっと楽に海外移住したいという方はフィリピンやタイ、マレーシアなどの東南アジアを優先して検討することをオススメします。
(関連記事)海外移住しやすい国ランキングTOP10!ビザ・永住権が取りやすい国で日本人が住みやすい国はどこ?
最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないです。

CTR IMG