日本人の海外旅行先人気ランキング(2016)。日本人が最も多く訪問している国はどこ?1位はやっぱりあの国?

日本人が多く訪問している国や地域のランキング(2016年)発表。

順位 国・地域名 人数
アメリカ 357万6955
中国 258万7440
韓国 229万7893
台湾 189万5702
タイ 143万9629
シンガポール 78万3863
ベトナム 74万0592
香港 69万2529
インドネシア 54万5392
10 ドイツ 54万5013

※北マリアナ諸島(サイパン等),グアム,米領サモア,プエルトリコ,米領バージン諸島なども含む
※ハワイ:148万7979人 グアム:74万5691人
【外務省公式ページ掲載の2016年統計データ】参照

 

1位はやはりアメリカ

アメリカはやはり日本人にとって馴染みが深いのもあるが、アメリカ本土というよりも「ハワイ:148万7979人」「グアム:74万5691人」が人気を引っ張っていることがわかります。
人生初の海外旅行はグアムで決まり!」の記事でも記載しましたが、やはりグアムは距離の近さや時差の少なさ、価格の安さ、英語力がほぼ不要な点、ビーチでまったりできる点などから日本人にとってはすごく行きやすく人気があります。
グアムの上位版みたいなイメージがハワイにはありますが昔から「日本人の憧れ=ハワイ」というのは変わらないようです。グアムに比べてハワイは何度も旅行に行く人が多いイメージがあり、移住先としても人気が高いです。

1位は納得のアメリカです!

 

2位以降はドイツ以外すべてアジアが占める結果に!

日本から近いという点が最も大きな理由だと想像がつきますが、それにしてもアジア勢の人気が非常に高いですね。近いということは基本的には飛行機代も安く済み、移動や時差などの負担も少ないということも人気の要素となっているでしょう。
この外務省の統計データは訪問人数なので、仕事でアジアへ出張している人も含まれるため結果的に日本企業と密接な国や地域のランキングが高くなっている可能性もあるかもしれませんね。

台湾やタイ、香港は親日という要素もあるため上位にランクインしているとも考えられます。

インドネシアは本土というよりバリ島に訪れる観光客がメインでしょう。

ヨーロッパで唯一ランクインしたのがドイツなのは意外な方も多いのではないでしょうか?日本人がヨーロッパといえばフランスやイタリア、イギリスのイメージが強い人もいるはずです。

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ない思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG