【世界の住宅建設戸数ランキング】世界で住宅の建設戸数が多い国トップ10!新築好きの日本は何位?

世界には196ヶ国(海外領土や自治領などの地域も含めると249)あると言われていますが、その中で住宅の建設戸数が多い国のランキングをご紹介します。

ランキングを見る前にまずは世界で住宅の建設戸数が多い国トップ10を予想してみてください!

日本は戸建てでもマンションでも新築物件が人気で次々と新しい物件が建っていますが、一体世界と比較するとどれくらい多いのでしょうか?

※今回の統計データは新築のほか、建替え物件や改築物件も含みます。またマンションなど集合住宅はそれぞれの住居戸数でカウントしています。

世界で住宅の建設戸数が多い国トップ10

ランキング 国名 建設戸数(戸)
1位 アメリカ 1,352,000
2位 ロシア 1,076,000
3位 日本 942,370
4位 トルコ 731,537
5位 フランス 381,600
6位 ドイツ 293,002
7位 イギリス 243,770
8位 ポーランド 221,978
9位 メキシコ 210,809
10位 カナダ 198,636

出典1:OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development )
出典2:GLOBAL NOTE
(※2020年データ)

世界で住宅の建設戸数が多い国1位はアメリカです。

ちなみにアメリカは総住宅戸数ランキングでも1位となっており、新築物件がどんどん増えてトータルの家の数でも世界ダントツです。

 

上位の国はヨーロッパ諸国が中心

住宅戸数が多い国の2位~10位の国をみてみると、ヨーロッパの国が多くランクインしています。

トップ10のうち6ヶ国がヨーロッパの国です。

ヨーロッパでは中古物件を大切に扱う文化があり、中古物件の流通も多いですが、新築物件の建設も比較的活発なようです。

※新築物件が多いのではなく、建替えと改築の件数が多い可能性もあります。

日本は3位

日本は3位で住宅建設戸数は942,370戸です。

空き家ランキングの記事でも述べましたが、日本は毎年約100万戸の住宅を新設しつつ50万戸の住宅を解体しているため、年々総数は増えています。

日本人は新築好きな国民性のため、空き家問題に直結していても資金的に可能であれば中古物件よりも新築物件を購入する人が多いようです。

日本はこの先、人口が減少していくことがほぼ確定しているため、移民の受け入れや出生率の上昇などの要素がなければ必然的にさらに空き家は増えていくでしょう。

パパ
東京の23区内のマンションは不動産バブルとも言われるほど価格が高騰していますが、タワーマンションの建て替え問題など課題も多くあるため、いつバブルがはじけてもおかしくないという意見もありますね!

住宅の建設戸数が多い国11位~20位(おまけ)

11位~20位の国のランキングも参考までに記載しておきます。

※10位の南アフリカ共和国の住宅戸数が198,636戸ですが、11位~20位の国の住宅戸数は189,163戸~48,771戸です。

11位:オーストラリア

12位:コロンビア

13位:チリ

14位:オーストリア

15位:オランダ

16位:ルーマニア

17位:スペイン

18位:スウェーデン

19位:スイス

20位:南アフリカ共和国

11位~20位の国はトップ10同様にヨーロッパ諸国が多くランクインしています。

まとめ

世界で住宅の建設戸数が最も多い国はアメリカでした。

上位の国はヨーロッパ諸国が中心で、先進国と呼ばれる国が多くランクインしていますが、20位まで見てみると、南米のコロンビアやチリ、アフリカの南アフリカ共和国もランクインしている点が注目でしょうか。

日本は世界3位で建設戸数が多いことがわかりますが、建替えや改築よりも新築物件の着工件数が多いことが推測できます。

日本は戸建ても多い国のイメージですが、近年はタワーマンションなどの大型マンションの乱立が目立ちます。

次回の記事では、住宅戸数に対する一戸建ての比率のランキングをご紹介します。

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないと思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG