【世界の国際観光収入ランキング】世界で外国人観光客による収入が多い国トップ10!日本は何位?

世界には196ヶ国(海外領土や自治領などの地域も含めると249)あると言われていますが、その中で国際観光収入が多い国(外国人観光客による収入が多い国)のランキングをご紹介します。

ランキングを見る前にまずは国際観光収入が多い国トップ10を予想してみてください!

日本においては外国人からの人気が高く近年は東京や京都だけでなく、各地で外国人観光客の姿を目にする機会が増えたと思います。

今回は一人当たりの旅行支出額ではなく、国全体の支出額なので、人口が多い国が比較的上位に来る傾向があります。

※データは2018年のもので新型コロナウィルスの感染拡大前の情報です。

※外国への国際旅客便サービス(渡航費用・旅客運賃)支出は含んでいません。

パパ

反対に国際観光支出が多い国についてのランキングは下記記事を参考にしてください↓
【世界の国際観光支出ランキング】世界で海外旅行にお金を多く使っている国トップ10!日本は何位?

世界で国際観光収入が多い国(外国人観光客による収入が多い国)トップ10

ランキング 国名 収入額(百万USドル)
1位 アメリカ 214,680
2位 スペイン 81,250
3位 フランス 65,358
4位 タイ 60,225
5位 イタリア 49,066
6位 イギリス 48,515
7位 オーストラリア 45,098
8位 ドイツ 42,895
9位 日本 42,093
10位 中国 40,386

出典1:UNWTO(United Nations World Tourism Organization)
出典2:GLOBAL NOTE
(※2018年データ)

世界で国際観光収入が多い国(外国人観光客による収入が多い国)1位はアメリカです。

アメリカは本土の国土も広く観光スポットも豊富ですが、ハワイやグアム、サイパンなども旅行客で賑わっています。

トップ10の国の中でもダントツの観光収入を得ていることがわかります。

上位の国はヨーロッパ諸国がが中心

2位~10位の国をみてみると、ヨーロッパ諸国が多いことがわかります。

ヨーロッパには世界遺産などがたくさんあり、観光スポットも非常に多いです。

またヨーロッパは陸続きで移動が楽なため、一度ヨーロッパ旅行に行くと1ヶ国ではなく数か国に滞在する人も多いです。

スペインがフランスよりもランキングが高いのが少し意外です。

日本は何位?

日本は世界9位です。(数値は42,093)

アジアではタイの4位に続き第2位です。

日本は新型コロナウィルスの影響が出る前までは観光大国になるべき、外国人観光客の受け入れやビザの緩和など観光客の増加を目指していました。

2020年に開催されるはずだった東京オリンピックが予定通り実現していれば、より観光客が増えていたでしょう。

ランキング11位~20位の国

日本がトップ10にランクインしていたため今回は11位~20位までの国をご紹介します。

11位:マカオ

12位:香港

13位:インド

14位:トルコ

15位:オーストリア

16位:メキシコ

17位:カナダ

18位:シンガポール

19位:ポルトガル

20位:マレーシア

アジア諸国が多くランクインしているのが特徴的です。

まとめ

観光業における収入が大きい国は新型コロナウィルスの影響で危機的状況に陥っている場合も多いと思います。

日本でも観光業界への打撃は相当なものですでに倒産している企業やホテルなども多数存在します。

また、上位にランクインしていない国でも、観光収入に依存した小さな観光立国も世界にはたくさんありますので、そういった国は今後コロナがどういう収束をするかが非常に命運をわけるでしょう。

早くコロナが収束して元通りの生活に近い姿に戻ることを願いたいです。

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ない思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG