【世界の天然ガス輸入量ランキング】世界で天然ガスの輸入量が多い国トップ10!日本は世界何位か?

世界には196ヶ国(海外領土や自治領などの地域も含めると249)あると言われていますが、その中で天然ガスの輸入量が多い国のランキングをご紹介します。

ランキングを見る前にまずは世界で天然ガスの輸入量が多い国トップ10を予想してみてください!

日本は石油や石炭などと同様に天然ガスも輸入に依存しているイメージだと思いますが、果たして世界で何位にランクインしているのでしょうか?

世界で天然ガスの輸入量が多い国トップ10

ランキング 国名 輸入量(百万㎥)
1位 中国 131,608
2位 日本 105,255
3位 ドイツ 96,183
4位 アメリカ 77,637
5位 イタリア 70,908
6位 メキシコ 59,119
7位 オランダ 55,767
8位 韓国 55,418
9位 フランス 54,630
10位 イギリス 47,163

出典1:EIA(U.S. Energy Information Administration )
出典2:GLOBAL NOTE
(※2019年データ)

世界で天然ガスの輸入量が多い国1位は中国です。

あれ?と思う方はいらっしゃいますか?

そうなんです!

中国は天然ガスの生産量ランキングでも第4位、そして埋蔵量ランキングでも第6位となっている国です。

パパ
国土が広く資源も豊富な中国ですが、その分人口も多く消費量も桁外れに多いために輸入量も多くなっていると推測できます。
中国の場合は、天然ガスに限らず、生産量も多いのに輸入も多いというパターンが意外とあります!

上位の国は先進国が中心

2位~10位の国をみてみると、ヨーロッパ諸国を始め、経済規模が大きい先進国ばかりがランクインしています。

ちなみに、中国同様にアメリカも天然ガスの生産量ランキング1位、埋蔵量ランキング5位にも関わらず輸入量で4位に入っています。

パパ
矛盾しているように感じる方もいるかもしれませんが、アメリカは国内の天然ガスの消費量よりも生産量の方が多くなっているため、天然ガスの輸出ランキングでも世界2位になっています。余って輸出しているのに、輸入もたくさんしてるってなぜ??
⇒その答えは次回の「天然ガスの輸出量ランキング」の記事でご紹介します!

日本は何位?

日本は世界で2位です。

これはある程度予想通りといった結果でしょうか。

中国やアメリカと違い、天然ガスの生産量や埋蔵量ではランキング外の日本としては、完全に輸入に頼らざるを得ない状況です。

日本は天然ガスを主に、オーストラリア、マレーシア、カタール、ロシア、ブルネイ、アメリカなどの国から輸入しています。

ランキング11位~20位

天然ガスの輸入量ランキング11位~20位の国もおまけにご紹介しておきます。

11位:トルコ

12位:スペイン

13位:インド

14位:カナダ

15位:ベルギー

16位:台湾

17位:UAE(アラブ首長国連邦)

18位:ベラルーシ

19位:ハンガリー

20位:ポーランド

ここでは、トップ10と同様にヨーロッパ諸国が中心にランクインしています。

まとめ

天然ガスの輸入の多くは先進国ですが、中でも人口が多い国、経済規模が大きい国、資源がない国などが多くランクインしていることがわかりました。

日本は資源がない上に輸入量は世界第2位という状況であるため、世界各国との良好な関係維持が必須です。

自国で生産できない分、紛争などで供給減少が起きると我々の生活にダイレクトに悪影響を及ぼす可能性があることも念頭においておく必要があるでしょう。

2022年2月時点においてはロシアのウクライナ侵攻問題が大きな話題となっていますが、天然ガスの輸出入と密接に関わっているため注視してみておきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないと思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG