【世界の平均出産年齢ランキング(第一子)】世界で第一子を出産した母親の平均年齢が高い国トップ10!日本は何位?

世界には196ヶ国(海外領土や自治領などの地域も含めると249)あると言われていますが、その中で第一子を出産した母親の平均年齢が高い国のランキングをご紹介します。

※第二子以降の出産も加えたランキングは下記の記事で特集しています。

ランキングを見る前にまずは世界で今回のランキングのトップ10を予想してみてください!

基本的に先進国では晩婚化が進んでいて高齢出産が多くなる傾向にあり、発展途上国では若年出産が多い傾向にあります。
日本は世界の中でも少子高齢化が深刻な状況ですが、今回のランキングは何位にランクインしているのでしょうか?

世界で第一子を出産した母親の平均年齢が高い国トップ10

ランキング 国名 出産年齢(歳)
1位 韓国 31.62
2位 イタリア 31.10
3位 スペイン 30.90
4位 ルクセンブルク 30.80
5位 日本 30.70
5位 スイス 30.70
7位 ギリシャ 30.40
8位 アイルランド 30.30
9位 オランダ 29.90
10位 キプロス 29.70

出典1:OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development )
出典2:GLOBAL NOTE
(※2017年データ)

世界で第一子を出産した母親の平均年齢が高い国1位は韓国です。

ちなみに第二子以降の出産も加えたランキングにおいても韓国は1位(32.60歳)でした。

日本は何位?

日本は世界5位となっています。

ちなみに第二子以降の出産も加えたランキングにおいても日本は4位(32.00歳)でした。

上位の国はヨーロッパ諸国が中心

2位~10位のランキングを見ると、韓国と日本を除きすべてヨーロッパ諸国です。

ちなみに第二子以降の出産も加えたランキングにおいてもヨーロッパ諸国が上位にランクインしていて、出産年齢も31歳~32歳程度の水準でした。

まとめ

第一子だけのランキングと、前回ご紹介した第二子以降の出産も加えたランキングではほとんど差がないことがわかります。

順位もほとんど変わらないですし、出産年齢の数値をみても1歳~2歳程度しか変動がありません。

そもそも、ランキング上位にきている国々は少子高齢化が進行していて、1人~2人しか出産しない家庭も増えてきているため統計データにあまり差が生じていないのだと推測できます。

 

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ない思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG