【世界の平均寿命ランキング】世界で平均寿命が長い国と短い国トップ10!日本は何位?

世界には196ヶ国あると言われていますが、その中で平均寿命が長い国のランキングをご紹介します。

ランキングを見る前にまずは世界で平均寿命が長い国トップ10を予想してみてください!

日本はやはり1位でしょうか?

世界で平均寿命が長い国トップ10

ランキング 国名 平均寿命
1位 日本 84.2
2位 スイス 83.3
3位 スペイン 83.0
4位 オーストラリア 82.9
4位 シンガポール 82.9
4位 フランス 82.9
7位 カナダ 82.8
8位 イタリア 82.7
8位 韓国 82.7
10位 ノルウェー 82.5
10位 ルクセンブルク 82.5

出典1:World Health Organization – World Health Statistics 2019 – Life expectancy at birth 2016
出典2:外務省「世界色々雑学ランキング」

平均寿命が長い国は日本をはじめ先進国の国がすべてランクインしています。

ちなみに10位以降で平均寿命が長い国としては、スウェーデンやイスラエル、ニュージーランド、オーストリア、オランダ、アイルランド、マルタ、ポルトガル、フィンランド、イギリス、ベルギー、デンマーク、ギリシャ、ドイツ・・・などです。

傾向としては、ヨーロッパ諸国の多くが上位にきていることがわかります。

ちなみに、アメリカは78.5歳、中国は76.4歳、ブラジルは75.1歳、ロシアは71.9歳という平均寿命になっています(WHO2018年統計)

世界で平均寿命が短い国トップ10

世界で平均寿命が短い国に関しては、人口が少なすぎる国(ツバルやパラオなど)は除外されて統計が発表されています。

WHOの2018年の統計データでは183ヶ国が統計の対象となっているため、その中から下位10位をご紹介します。

パパ
人口が少ない国については下記記事を参考にしてください↓
【世界の人口ランキング】人口の多い国と少ない国トップ10!日本は何位?
ランキング 国名 平均寿命
1位(183位) レソト 52.9
2位(182位) 中央アフリカ共和国 53.0
3位(181位) シエラレオネ 53.1
4位(180位) チャド 54.3
5位(179位) コートジボワール 54.6
6位(178位) ナイジェリア 55.2
7位(177位) ソマリア 55.4
8位(176位) スワジランド 57.7
9位(175位) マリ 58.0
10位(174位) カメルーン 58.1

出典:WHO世界保健統計2018

平均寿命が短い国はすべてアフリカの国々となっています。

平均寿命が短い理由としては、医療体制が充実していないこと、生後すぐに亡くなってしまう子供の確率が高いこと、貧困、飢餓、紛争、戦争などが考えられます。

まとめ

平均寿命が長い国と短い国の間にはかなり大きな差があります。

1位の日本84.2歳と、183位のレソト52.9歳の差は31.3歳です。

同じ人間なのに生まれた国や地域によってこれだけの差があることを考えると複雑な気持ちになりますよね。

日本人として生まれてきた我々は幸福度は低いという結果が出ていますが、何だかんだで幸せだと感じるべきかもしれません!

パパ
幸福度ランキングについて知りたい方は下記記事を参考にしてください↓
【世界幸福度ランキング2020】1位は北欧のフィンランド。日本の順位は何位?

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ない思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG