【世界の武器輸出額ランキング】世界で武器の輸出額が大きい国トップ10!アメリカとロシアどっちが1位?

世界には196ヶ国(海外領土や自治領などの地域も含めると249)あると言われていますが、その中で武器の輸出額が大きい国のランキングをご紹介します。

ランキングを見る前にまずは世界で武器の輸出額が大きい国トップ10を予想してみてください!

2022年3月16日の執筆時点では、ロシアのウクライナ侵攻が継続中であり、各国で防衛費の強化や核についての議論などが行われています。
必然的に今後は武器を輸入する国が多くなり、武器輸出国の重要性も増してくるでしょう。
武器輸出国として有名なのはアメリカやロシアですが、果たして1位はどこの国でしょうか?

世界で武器輸出額が大きい国トップ10

ランキング 国名 輸出額(百万US$)
1位 アメリカ 9,372
2位 ロシア 3,203
3位 フランス 1,995
4位 ドイツ 1,232
5位 スペイン 1,201
6位 韓国 827
7位 イタリア 806
8位 中国 760
9位 オランダ 488
10位 イギリス 429

出典1:世銀(World Bank)
出典2:GLOBAL NOTE
(※2020年データ)

世界で武器の輸入額が大きい国1位はアメリカです。

2位のロシアとは約3倍、10位のイギリスとは約23倍くらいの差がありますのでダントツ1位といっても過言ではないでしょう。

アメリカは世界的に見ても軍需産業が活発で、軍需産業関連の企業も多く存在します。

ロッキード・マーティンやボーイング、レイセオンなどの企業は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

パパ
陰謀論信者の中では、ロシアのウクライナ侵攻はアメリカが軍需産業や天然資源などで利益を出すためにけしかけたのではないか?という説もよく聞きますよね。

上位の国は中東諸国、アジアが中心

武器輸出国の2位~10位の国をみてみると、ヨーロッパ諸国が多くランクインしています。また所謂「先進国」ばかりが並んでいることがわかります。

日本は武器輸入国では上位に入っていましたが、さすがに武器輸入国としてはランキングに入っていません。

武器輸入額11位~20位(おまけ)

武器輸出額の11位~20位の国も参考までに記載しておきます。

11位:オーストラリア

12位:イスラエル

13位:スウェーデン

14位:カナダ

15位:アラブ首長国連邦(UAE)

16位:スイス

17位:ブラジル

18位:インド

19位:トルコ

20位:ウクライナ

20位にウクライナが入っているのは注目ですね。今や各国から武器を支援してもらう立場になってしまいました。

パパ
ウクライナは「ブダペスト覚書」によって核を放棄したことによって今回のロシア侵攻という悲劇を招いてしまった・・・と結論づけている専門家の方もいます。

まとめ

武器輸出額の1位はアメリカでしたが、2位がロシアということで、軍事力でみても世界でこの2か国がどう動くかは世界中にとって重要です。

今回のロシアのウクライナ侵攻についてもアメリカが直接手を出せば第三次世界大戦を招く恐れがあると言われていますし、2022年は歴史的に大きな転換点となるのは間違いありません。

理想論としては武器や戦争がない平和な世界を求めたいところですが、現状ではなかなか難しいですし可能性は0に近いかもしれません。

日本の憲法9条の改憲や核保有、核共有などについても取り上げられることが多くなってきましたが、ウクライナのことは決して対岸の火事ではないので我々日本人も真剣に考えて行動していかなければならないでしょう。

現状の武器輸入額や輸出額、軍事費などの客観的データを把握して今後はどれくらい防衛費に使っていくべきなのか等、納税者として一人一人が考えていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないと思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG