【新型コロナ】アメリカの大手航空会社が全て赤字に!ANAやJALは大丈夫なのか?

アメリカの大手航空会社4社(アメリカン航空・ユナイテッド航空・デルタ航空・サウスウエスト航空)が全て赤字に転落してしまいました。

赤字に転落したのは2020年1~3月期の決算で、新型コロナウィルスの影響がちょうど出始めたシーズンとなります。

4社の赤字額の合計は45億ドル(約4800億円)

4社のうちユナイテッド航空が22億ドル(約2350億円)、ユナイテッド航空が17億ドル(約18億円)の赤字を計上しており、4社の赤字合計額は45億ドル(約4800億円)となりました。

新型コロナウィルスの影響で旅行客が著しく減少する一方、航空機のリース料や維持コスト、人件費などは通常通り発生してしまうため、赤字に転落してしまっています。

パパ
1月や2月はまだ新型コロナウィルスの影響は世界的にみても深刻な状況と捉えられていなかったため、今後の4月以降の経営状況はさらに悪化する可能性が高いです。

各航空会社は「4月~6月の売上は90%以上落ち込む可能性がある」としています。

支出をできるだけ削減するため、機体を手放したり、新たな設備投資の中止、従業員の給与削減、解雇、公募増資などを視野に入れているようです。

日本の大手航空会社「ANA」と「JAL」は大丈夫か?

日本人であればANAやJALがすぐに経営破綻して倒産するようなことは想像しづらいでしょう。

過去にJALは一度経営破綻しているという歴史がありますので、それを詳しく知っている方は今回ANAやJALが危ないと感じているかもしれません。

実際に、ANAとJALの株価は新型コロナウィルスの影響でかなり落ち込んでおり、他の銘柄が持ち直している中、上下を繰り返しています。

1兆円規模の資金調達などを確保しているとはいえ、今後どれくらい新型コロナウィルスの影響で旅行自粛や外出自粛が続くかわからない中で投資家心理もネガティブなものになっています。

パパ
配当金が無配になったり、株主優待がなくなってしまうとそれが原因で投げ売りしてしまう投資家も増えてくるかもしれませんね。とはいえ、中国やヨーロッパ、アメリカの一部では経済活動が再開され始めており、レムデシビルのような抗ウィルス薬の成果も出てきているようなので中長期でみれば反転は期待できるかもしれません。
過去、新型コロナウィルスのような事例がないため、現時点では憶測で色々と考えるしかない状況です。

ANAの関連記事

ANAに関しての記事は過去にいくつか記載していますので参考までにご覧ください↓

ANAと業務提携した「ヴァージン・オーストラリア航空」(豪2位の航空会社)が経営破綻!ANAも危ない?

【新型コロナ】ANAの夏季ダイヤの運休・減便を発表。通常通り運行する路線はたったの7便のみ?

【新型コロナ】ANAが遠隔ロボットを使用した「遠隔ショッピング」を提供!自宅からアバターを通して買い物ができる?

まとめ

世界全体でみれば、航空会社の中でも経営破綻しているところが徐々に出てきています。

大手航空会社においても、この状況が長く続けば新たな収益源を見つけていかなければ非常に厳しい展開が続くでしょう。

早く元の環境に戻ってほしいところですが、すぐに元通りになるのは厳しいので、まずは国内線、そして国際線の回復へと少しずつでも状況が好転していくことを願いたいですね。

そのためには、現時点でできることを各自やっていくしかないと思いますので、新型コロナウィルスが終息するその日まで頑張っていきましょう!

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないです。

CTR IMG