海外移住の費用っていくら必要?初期費用や毎月かかる生活費ってどれくらい?

Golden Gate Bridge in San Francisco, California, USA.

海外移住をしたい人にとって一番気になる点の一つが「お金」の部分です。

お金が有り余っている人や億万長者のような人は別として、「あまりお金に余裕がないけど海外移住してみたい」、「平均的な収入しか得ていないけど海外移住してみたい」といった人の方が圧倒的に多いでしょう。

いざ、海外移住をしようと思った際に、まず必要なのは航空券や引っ越し代、ビザ取得料などの初期費用です。

また、初期費用以外にも現地に行った後に毎月かかる生活費のこともしっかり考えておかねばなりません。

今回の記事では、海外移住する際に必要な初期費用の目安や、現地での生活費などについて解説します。

海外移住する際の初期費用

初期費用は大きく分けて3つあると考えてください。

①渡航費用
②引越し費用(荷物の輸送費)
③ビザ取得費用

①渡航費用(航空券)

どこの国に移住するのか、どの時期に渡航するのか、どの航空会社を利用するのか、どのクラスを利用するのか、直行便で行くのか・・・

など、条件によって価格はピンキリです。

海外旅行したことがある人であれば、普段どれくらい航空券の値段がするのかイメージできていると思います。

(目安)エコノミーかつハイシーズン以外であれば1人あたり数万円~10万円程度

②引越し費用(荷物の輸送費)

海外の賃貸物件は家具付きも多いため、海外移住する前に持っている家具などを全て処分していれば荷物の輸送費は必要ありません。

また荷物を輸送したい場合は基本的に航空便よりも船便を利用した方が費用を節約できます。(少量の場合は航空便の方が安くなることがあります)

1人で海外移住するのか家族で海外移住するのかによっても荷物の量が違いますし、移住先がどこの国かによっても値段が変わります。

同じ条件でも輸送費用が業者によって変わってくるため、まずはどれくらい違うのか一括見積りをして把握しておくと良いでしょう!



(目安)段ボール数十個をアジアまで輸送:20万~30万、アメリカまで輸送:50万程度

③ビザ取得費用

ビザの取得費用に関しては、移住先によって価格は大きく変動します。

また何のビザを取得するかによっても金額に大きな差が生じます。

観光ビザや就労ビザ、起業関連のビザ、デジタルノマドビザ、投資家ビザ、結婚ビザ・・・など様々です。

(目安)数万円~億単位まで

パパ
①~③は条件や時期などによって大きく価格が変動しますので目安価格を参考にしすぎないようにしてください!

海外移住後の現地での生活費

どこの国に移住するのかによって現地での生活費は大きく変わります。

また、同じ国でも都市部の物価や家賃が高い地域に住むと生活費が数倍になることもあります。

まずは現地で必要になる生活費の項目を把握して、その上でそれらの費用が国によってどれくらい違うのかを見ていきましょう。

現地で必要な生活費の項目

・家賃

・水道光熱費

・食費

・ネット代

・携帯代

・交通費(自動車含む)

・交際費

・保険料

・医療費

・ビザ更新費用

→ざっくり見るとこんな感じの費用が毎月かかるでしょう!

海外移住先での生活費の目安

ここでは日本よりも生活費が抑えられる可能性が高いアジア諸国をメインでご紹介します。

※一人暮らしで贅沢はあまりしない前提での生活費の目安です。

フィリピン

月5万円

マレーシア

月15万円

タイ

月15万円

ベトナム

月10万円

カンボジア

月5万円

インドネシア

月12万円

パパ
上記は目安です。同じ国でも住む場所や住む家のランク、食事レベルなどによって大きく変動しますのでご注意ください。
アジアの中でもシンガポールのような先進国は日本よりも生活費が高くなる可能性が高いです。
また、アメリカやカナダ、オーストラリア、ヨーロッパ諸国などは基本的に日本よりも物価が高く日本よりも安く住める可能性は低いでしょう。
※2022年6月時点では円安が進んでおり1ドル134円になっているため、数年前と比較するとさらに現地での生活費は高く感じるはずです!

まとめ

海外移住する際は初期費用や現地での生活費がどれくらいかかるのかをある程度理解しておくことが重要です。

移住先をどの国にするのか、どの地域にするのか、どういう生活水準で暮らすのか・・・など、人によって様々なケースが考えられるため、まずは自分の状況を整理して移住前にシミュレーションしておくことをおすすめします。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないと思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG