【世界の天然ダイヤモンド生産量ランキング】世界で天然ダイヤモンドの生産量が多い国トップ10!1位はまさかのロシア?

世界には196ヶ国(海外領土や自治領などの地域も含めると249)あると言われていますが、その中で天然ダイヤモンドの生産量が多い国のランキングをご紹介します。

ランキングを見る前にまずは世界で天然ダイヤモンドの生産量が多い国トップ10を予想してみてください!

ダイヤモンドが多く採れる国といえば、日本人であれば南アフリカ共和国やボツワナなどアフリカ諸国をイメージしている方が多いのではないでしょうか?
ダイヤモンドと同様に「金」もアフリカ諸国で多く採掘され、現地の子供たちが厳しい環境の中で労働させられている・・・といった問題が指摘されていることもよく耳にしますよね。
ダイヤモンドに関しては、天然ダイヤモンドと人口ダイヤモンド(合成ダイヤモンド)が存在し、労働環境や紛争問題などに配慮した取り組みもなされていますが、今回は天然ダイヤモンドの生産量に焦点をあてたランキングになります。

世界で天然ダイヤモンドの生産量が多い国トップ10

ランキング 国名 単位(トン)
1位 ロシア 45,300
2位 ボツワナ 23,710
3位 カナダ 18,638
4位 コンゴ民主共和国 13,470
5位 オーストラリア 12,960
6位 アンゴラ 9,145
7位 南アフリカ共和国 7,180
8位 ジンバブエ 2,111
9位 ナミビア 2,018
10位 レソト 1,114

出典1:USGS(United States Geological Survey)
出典2:GLOBAL NOTE
(※2019年データ)

世界で天然ダイヤモンドの生産量が多い国1位はロシアです。

ロシアは石油や天然ガスなどの天然資源が豊富なことは誰でも知っていることですが、天然ダイヤモンドの生産量まで1位というのは意外な人も多いかもしれません。

しかも、2位のインドネシアの約2倍、10位のレソトと約40倍の差があるため、ロシアの天然ダイヤモンドの世界シェアはとてつもなく大きいことがわかります。

日本でも婚約指輪や結婚指輪ではダイヤモンドが入っている指輪を購入する方が多いですが、ロシアから輸入したダイアモンドが使用されている可能性は高いでしょう。

※日本の天然ダイヤモンドの輸入先の割合は調査中です。ロシア以外から購入している可能性もございます。

パパ

「金」の生産量に関するランキングについては下記記事でご紹介しています↓

【世界の金ランキング】世界で金の産出量が多い国トップ10!日本は何位?

上位の国はアフリカ諸国が中心

ランキング2位~10位の国をみてみると、アフリカ諸国が多くランクインしています。

トップ10のうちロシアとカナダ、オーストラリアを除く7ヶ国がアフリカに該当します。

パパ
ロシアやカナダ、オーストラリアなどの大国は、ダイアモンドに限らず石油や石炭、天然ガスなど多岐にわたって天然資源の生産量が多い国ですので、やはり注目点はアフリカ諸国が上位に多数ランクインしていることでしょう!

ロシアのウクライナ侵攻で天然ダイヤモンドの価値が上がる?

2022年5月15日現在においてもロシアのウクライナ侵攻は集結していません。

ロシアのウクライナ侵攻によって資源高騰やエネルギー不足、小麦などの食料品の高騰など様々な弊害が起きていますが、天然ダイヤモンドも同様の状況に陥る可能性があります。

なんといっても世界トップの生産量を誇るのがロシアですので、ロシアが輸出をストップすれば必然的に供給が足りなくなり価格が高騰してもおかしくありません。

アメリカがロシア産ダイヤモンドの輸入を禁止

アメリカはロシアから様々な商品の輸入を禁止していますが、ダイヤモンドに関してもすでに禁止令を出しています。

需要の面でみると、ダイヤモンドの需要の約50%がアメリカによるものですので、そういう意味でもこの輸入禁止の影響は今後大きくなっていくかもしれません。

ここ数年でダイヤモンドジュエリーの需要は大幅に伸びていましたが、新型コロナウィルスの蔓延やガソリンなどの価格上昇(インフレ)などの影響も大きいことから、嗜好品であるダイヤモンドの価格がすぐには上がらないと判断している専門家もいるようです。

まとめ

ダイヤモンドには天然ダイヤモンドと人口ダイヤモンドの2種類があり、天然ダイヤモンドに関してはロシアが世界で一番のシェアを取っていることがわかりました。

上位はイメージ通り、アフリカ諸国が占めていますが、生産量でみると世界の30%以上はロシアに依存している形になっているため、今後天然ダイヤモンドの市場がどのようになっていくのか要注目です。

ロシアのウクライナ侵攻に関しては、西側諸国とそれ以外の国々で意見は分かれていますが、日本は完全に欧米のメディアの影響下が強く反ロシア感情を抱く人がほとんどでしょう。

そういう意味では、自分が購入するダイヤモンドがどこで生産されてどこにお金が流れているのかなどをできるだけ把握して購買活動を行うことが大切です。

パパ
※ダイヤモンド産業はロスチャイルドグループがほぼ支配しているという情報もありますので、ご自身で色々調べて自分なりの方向性や結論を持っておくのがよいでしょう。
最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないと思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG