【世界の火力発電割合ランキング】世界で火力発電の割合が高い国トップ10!日本も火力発電が多いと言われるが世界ではまさかの順位!

世界には196ヶ国(海外領土や自治領などの地域も含めると249)あると言われていますが、その中で火力発電の割合が高い国のランキングをご紹介します。

ランキングを見る前にまずは世界で火力発電の割合が高い国トップ10を予想してみてください!

日本はカーボンニュートラルを宣言したことがまだ記憶に新しいですが、実際のところ再生可能エネルギーの割合はまだ少ないです。
原子力発電は地震が多い日本にとってはリスクが高く賛否両論ありますし、何だかんだで火力発電に頼っている部分が大きいとよく聞くと思います。
では、実際に日本は発電の中で火力発電の比率がどれくらいで、それは世界と比較して多い方なのか少ない方なのかどちらでしょうか?
パパ

ちなみに原子力発電の割合についてのランキングは下記の記事でご覧いただけます↓

【世界の原子力発電割合ランキング】世界で原子力発電の割合が高い国トップ10!地震リスクの高い日本は何位?

同率1位が11ヶ国(地域)存在するため、今回は11位までをトップ10の国(地域)としてご紹介します。

世界で火力発電の割合が高い国トップ10

ランキング 国名 割合(%)
1位 タークス・カイコス諸島 100
1位 トンガ 100
1位 セントヘレナ 100
1位 サンピエール島・ミクロン島 100
1位 米領サモア 100
1位 バミューダ 100
1位 ジブラルタル 100
1位 モントセラト 100
1位 ナウル 100
1位 ニウエ 100
1位 トルクメニスタン 100

出典1:EIA(U.S. Energy Information Administration )
出典2:GLOBAL NOTE
(※2019年データ)

世界で火力発電の割合が高い国1位はトンガやナウル、トルクメニスタンなど11ヶ国存在します。

基本的に国というより地域として位置づけられている所が多くランクインしています。

人口も少なく小さな島国が中心だということがわかります。

火力発電の割合が高い国12位~20位

トップ10(11ヶ国)が同率1位でしたので、火力発電の割合が高い国の12位~20位の国も参考までに記載しておきます。

12位:オマーン

13位:カタール

14位:リビア

15位:バーレーン

16位:パレスチナ

17位:ブルネイ

18位:トリニダード・トバゴ

19位:クウェート

20位:サウジアラビア

11位~20位の国を見ると中東諸国が中心です。石油が多く採れるため必然的に火力発電が中心になっていると推測できます。

パパ
ちなみに12位~20位の国々の火力発電割合は12位のオマーンで99.99%、20位のサウジアラビアで99.88%と、ほぼ100%に近い水準です。

日本は何位?

日本は世界で111位です。(71.01%)

日本では東日本大震災の記憶が強いこともあり原子力発電の割合が多いと思っている方もいますが、実は火力発電の割合がダントツです。

今回のIEAのデータは2019年をベースにしていますが、別の統計データでは日本の火力発電は約75%以上となっている場合もあります。

とはいえ、世界で111位なので世界規模で比較すると日本の火力発電の割合は低いと言えます。

近い順位にどういう国がランクインしているのか参考までに110位~120位の国を記載してみます↓

110位:コンゴ共和国

111位:日本

112位:サモア

113位:韓国

114位:セルビア

115位:マリ

116位:アルゼンチン

117位:中国

118位:仏領ポリネシア

119位:エストニア

120位:スリランカ

日本と近い順位の国に韓国と中国というアジア勢がランクインしています。

主要国の火力発電の割合は?

アメリカやロシア、ドイツ、イギリスなど各地域の中心となっている国々はどれくらいのランキングになっているでしょうか?

一部だけご紹介します。

65位:南アフリカ共和国

90位:インドネシア

95位:オーストラリア

101位:インド

126位:ロシア

129位:アメリカ

148位:ドイツ

149位:イギリス

185位:カナダ

190位:ブラジル

194位:フランス

アメリカやドイツなど先進諸国は日本よりも火力発電の割合が全体的に低い傾向にあることがわかります。

まとめ

火力発電の割合のランキングをみてまず注目すべき点は、想像以上にどの国も火力発電の割合が高いということです。

149位のイギリスで約43%、194位のフランスでさえ約9%の火力発電割合です。

近年、地球温暖化を防止するために火力発電の割合を減らそうとする動きが世界で見られますが、それぞれの国によって石油や石炭、天然ガスを仕入れるルートも異なりますし、地震などが多い日本にとっては原発を増やしづらいという問題点も抱えています。

今後、少しづつ火力発電の割合は全世界的に減少していくはずですが、それと同時に環境に優しい再生可能エネルギーの発展が求められるでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

「世界地図の99%を私たち家族はまだ知らない」

旅することで生きていく!
子連れだとしても、ペットを飼っていたとしても、お金があまりなかったとしても、自由に世界中を旅することを諦める必要はありません。 それを私たち家族がブログやyoutubeを通して皆様にお伝えしていきます。世界の99%以上を直接知らずに人生終えるのは勿体ないと思いませんか? (新型コロナの影響で断念中です)

CTR IMG